一昨日、ポカポカ陽気で満開の桜を観て、教室に来ました。

そして、楠(くすのき)の落葉の訪れに「季節は規則正しく訪れます」と綴り、少々早い春を実感したつもりでした。

しかし、その翌日、朝起きてみると、大雪が舞い振り、季節が本当に規則正しく訪れてくれるのかと一抹の不安を感じています。

コロナ騒動により、毎年恒例のお花見だけでなく、入学式さえも中止になるご時世です。

そんな状況に加えて、不安定な気象状況が加速して災いをもたらさないことを願っています。

ただ、万が一、願いがかなわず、そういう世の中になったとしても、教育が生徒さんたちに行き届く体制を整えるように努めていこうと思っています。