2020年04月

KIMG0477 (002)
KIMG0474 (002)

今日は光が丘第1教室と第2教室に複合機の搬入がありました。

先日、このブログでご紹介したメーカーから特別条件を数量限定で出してきたというセールストークにつられ切替を決めた複合機です。

この緊急事態の最中、届いた新品の複合機、生徒さんのお役立ちできるのがいつになるか、皆目見当がつきません。

しばらく本格稼働は見込めないと覚悟しています。

ただ、そんな時だからこそ、すごく良い条件で切り替えができたので、後から振り返ると良い時に購入できたなとホクホクする時期がきっと来ると信じています。




今日で自宅で「インターネットを利用し、オンライン個別指導の授業を行うノウハウを学ぶ」という教育訓練が終わりました。

最初は「zoomとは何ぞや?」ところから始まったことを考えると随分と進歩しました。

モニター参加者には色々とご迷惑をおかけしたこともありましたが、デモ授業の満足度はだいぶ高いという報告を受けてうれしく思っています。

よちよち歩きから始まったオンライン個別指導の授業ではありますが、だいぶ自信を持てるようになりました。

コロナ騒動の動向次第ではありますが、オンライン個別指導の授業を行うノウハウをさらに磨き、生徒さん全員に提供できる準備を整えていきたいと思っています。

また、教室長の皆様とは普段以上にzoomを通して接する機会が増え、一致団結できたのではないかと思っています。

明日からゴールデンウイーク期間となり、教育訓練は本日で終了となります。

ゴールデンウイーク明け後には嘘のようにコロナ騒動が終息し、予定通り、5月7日から授業を開催できることを祈っています。







「問い合わせが11万8000件、4月17日時点の雇用調整助成金の申請数は985件に対し、支給決定が60件」

この数字が物語る通り、まさに難攻不落。

今日も状況は二転三転しながら、最後に計画届の提出ができる状態となりました。

顧問社労士ともう一つ別の助成金申請の専門家からの情報は今日も違うことが多く、迷いに迷いましたが、答えのないところに答えを求めても仕方ないと思い、割り切りました。

今まで色々な助成金を手掛けてきましたが、これほど不明瞭なものには出会ったことがありませんでしたが、良い経験をさせて頂いて言います。

次に支給申請に必要な書類を手掛けていくことになります。

さらなる壁が立ちはだかっているかと思いますが、色々な方のアドバイスを頂きながら、ゴールを駆け抜けたいと思っています。


ただ今、個別指導によるオンライン授業の導入に向けて日々、教育訓練を実施中です。

こうした状況下ですので、一刻も早く、生徒さん全員に教室で行う個別指導と同等な質のオンライン授業を提供できるようにしていきたいと奮闘中です。

その中でも、重要で早く決めなくてはいけないものの1つがシステムの選択です。

有名なWEB会議システムZOOMから始まり、教育システムに移行してきましたが、ここにきてZOOMの評価が高まってきています。

その大きな理由の1つに塾としての管理ができるめどが立ったことです。

こちらは岩瀬先生のご尽力によるところが大きく、既存の管理システムとの融合のやり方を見つけてきてくれました。

ただ、1対2でのやり方など、運営面での課題は尽きません。

それらを1つ1つ解決していき、どこよりも質の高いオンライン個別指導を提供できるようにしていきたいと思っています。



今回の経済対策で一番助かっているという気持ちで以前ご紹介した「雇用調整助成金」。

申請手続きの準備をしているうちに正確な情報が伝わってきにくいことに驚いています。

最初は自力でできるかと思っていましたが、分からないことが多く顧問社労士に相談しました。

そうしましたら、なんと、社労士の先生からも明確な回答が得られないのです。

どうしてか?

「雇用調整助成金」の窓口に問い合わせしても忙しく中々対応してくれないそうなのです。

少々、不安に感じ、専門に助成金を扱っているところに助言を求めることにしました。

そうしますと、同じ質問をしても顧問社労士の回答と全く違う回答が来たりします。

助成金とはちょっと間違っただけで不受理になる結構厳しい世界です。

それだけに、正確な情報が誰でも簡単に分かるような申請手続きになって欲しいですね。

ただ、現実がそうならば、それに対応していかなければなりませんので、頑張っていきたいと思っています。










この臨時休校期間中、私以外の社員の方々は全員、自宅からのテレワークです。

そのような状態ですので、コミュニケーションもオンラインで手段も多様になってきました。

開校中は電話とメールのやり取りがほとんどで、少々LINE WORKS利用するかなというところでしたが、

今ではzoomによるミーティングに始まり、LINE WORKSでの電話まで手軽に利用するようになりました。

オンライン授業のデモ授業もzoomと教育システムの2つを使って色々試行錯誤していますが、もう1つ、教育システムを本日から加えました。

さらに、本日、営業の方からzoom以上に良いという商材を案内されました。

色々試して当塾にとって最適なものを導入していきたいと思っています。


「大変なことになってるよ」

と、中3の息子が今朝、大きな声で呼ぶので、何事かと思えば、


「原油先物がマイナスになってる」


と訳の分からないことを言い出したかと思っていたら、本当でした。

原油を買えばお金をもらえるという異常事態。

コロナによって世の中が変わるとは思っていましたが、ここまで来たかという感じです。

日経平均が落ち着いていたのが不思議なくらいでしたが、先々不安ではあります。

このマイナス現象をどう読み解くかによって今後の世の中の動きが見えてくるように思います。

あまり明るくない未来が待っているような気もしますが、杞憂で終わることを期待しています。




先週から始まったオンライン授業モニター参加による個別指導。

インストールの設定に戸惑ったり、入室ができず授業開始が遅れてしまったりと、参加して頂いた生徒さんや保護者様にはご迷惑をかけ続けています。

先生方にも多大なご負担をおかけしているかと思いますが、皆さん、真摯にご対応いただき、とても感謝しています。

「暗中模索」という表現がぴったりな取り組みですが、この失敗体験にの積み重ねが大きな財産になると信じて頑張っていきたいと思っています。




このような状況下、私だけが教室にいますが、居て良かったです。

長らく使用している光が丘第1教室と、第2教室の複合機。

最近は紙詰まりするケースが増えてきましたが、リースで良い切替条件がなく、据え置いてきました。

先日来られた業者さんも残存期間が長く、まだ切替は難しいといわれたばかりです。

本日、その業者さんから、こうしたコロナの状況下、メーカーから特別条件を数量限定で出してきたという連絡が入りました。

これまで数多くの業者さんから切替条件が難しいといわれ続けてきたので、その情報の価値がすぐ理解でき、ほぼ即決で決めました。

ここにいなかったら、こうした好条件を逃していたに違いなかったので、ラッキーでした。




私以外の全社員がご自宅からオンライン個別指導を提供するための準備を進めています。

既に何回かの模擬授業を行っているものの、課題が山積みの状況であります。

ただ、「案ずるより産むが易し」というように、やってみると意外に解決できることも少なくありません。

今は、失敗を恐れず、成長の糧と考え、多くの失敗を経験して、確かなノウハウを身につける時期だと考えています。

そう考えますと、この臨時休校期間は通常ではできない経験を積むことができ、天から頂いた貴重な時間だと感謝しています。

時間はあるようでいて、あっという間に過ぎてしまいますので、この貴重な時間を有効利用できるように最善を尽くしていきたいと考えています。





3月の臨時休校の際には未受講分を振替対応しましたが、4月分は返金対応することにしました。

どうしてかと言いますと、

4月は「緊急事態宣言」の発令があった翌日の8日(水)からずっと臨時休校で、1週間しか授業がありません。

それと比べ、3月の時は、月初から2週間の臨時休校だったので、中旬から開校でしかもその間学校もお休みでずいぶんと時間がありました。

そうした状況だったので、振替対応をするのが生徒さんのためだと考えてた次第です。

一方、今月は最初の1週間以外、ずっと休校で振替することができません。

その上、5月7日以降当塾が再開した際には、学校も始まって生徒さんたちも多忙になることが予想されるので、振替よりも返金対応が喜ばれると判断しました。

ただ、学ぶ機会を減らしたくないというお考えで、振替対応をご希望のご申告も多くいただきましたので、そうした方には開校後の振替対応をお約束させて頂いております。

当塾に関わる全ての方々にとって、できる限りの範囲で一番喜ばれる運営を心がけていきたいと思っています。


ただ今、激動の時代に突入しているようで、様々な情報が錯綜しています。

公的機関も例外ではありません。

先週末に入っていた取り決めが今週になったら突然変更になる、そんなことも普通に起きているようです。

そんな荒波を乗り越え、変化に対応して行動していくことがいま求められているようで、そう考えると、わくわくしてきます。

ところで、変化というば、学習塾業界も例外ではありません。

オンラインへという流れが急速に普及し始めていますが、まだ初動です。

これから、色々なオンラインでの授業が出回ってくるかと思いますが、当塾は個別で勝負します。

どこよりも質の高い個別指導を提供できるように頑張っていきたいと思っています。

先週から始めたzoom。

よくできたWEB会議システムに感服し、これでオンライン個別指導をやろう!と思っていましたが・・・。

本日、デモとして届いた教育向けシステムを使ってみると、とっても良い。

これならばうまく運用できるぞ!と確信に近いものを感じました。

お値段は高いのですが・・・・。

ただ、きちんとしたものを提供するには、最高のシステムが必要です。

これをベースに運用を考えていきたいな、と今は思っています。

そうはいっても、実は本日、他にもシステムを紹介して頂きました。

どれが一番、当塾に合っているかを見極め、最適なシステムを選択していきたいと思っています。


新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府がだした経済対策についていろいろと批判が出ているようですが、個人的には大いに助かっています。

その中でも一番助かっているのが、雇用調整助成金です。

本日、その申請手続きをしていましたが、これまで数々の助成金を活用していたせいか、申請への準備がそれほど苦にならなくなってきました。

雇用を守り、次なる準備に備えるという趣旨がある助成金ですが、その目的通り、大いに活用させて頂いています。

生徒さんだけでなく、従業員も守り、「共に生きる」という経営理念に沿った行動をとれるのもこの助成金のおかげだと感謝しています。

昨日、都の休業要請の公表があり、「 休業に耐えられない零細規模の商店に配慮し、延べ床面積100平方メートル以下の店舗は適切な感染防止対策を求めたうえで営業を認める。」ということでした。

ただ、 本日の東京都の1日の新型コロナウイルスの感染者数は197人と最多の状況となり、大変厳しい状況が続いています。

ぜひ、1つでも多くの学習塾がこの雇用調整助成金を活用して、休校の継続をして頂きたいと思い紹介しました。





本日というか、昨日になりますが、zoomミーティングをまた開催しました。

今回は4名の先生に参加して頂き、合計8名で行うことができました。

中々、ミーティングに入るのにも時間を要したりと課題もありましたが、一つ一つが良い経験だと考えています。

来週からは、徐々に実践形式を行っていければと、全体メールのオンライン授業のモニターのご希望を募ったところ、早くも多くのご応募をいただきました。

その対応に追われていたところ、気づかないうちに日にちが変わっていました。

色々な方のお力を頂きながら、きちんとしたノウハウを掴んでいけたらと思っています。

昨日に引き続き、zoomミーティングを開催しました。

本日は講師の野崎先生に特別出演していきました。

私を除き、皆様、ご自宅からの参加です。

2回目だとだいぶ慣れてきて、岩瀬先生に至っては英検の模擬授業っぽいものまで披露して頂き、感服いたしました。

今後は他の有志の先生方にも参加を集い、オンライン授業のノウハウを一緒に学んでいきたいと思っています。


zoomミーティングを教室長の皆様としました。

一言でいうと面白いです。

個人的に一番興味深かったのは、「バーチャル背景」といって、背景を自由に変えられるので、お台場やサンフランシスコなど、自由自在に色々な場所からお話ができる気分を味わえます。

そんな遊び心はさておいて、目的はオンライン授業をすることです。

「結構使えそう!」という感触を持てました。

世の中がこんな状況ですから、ご家庭に高水準の個別指導をお届けできるように準備を進めていきたいと思っています。






本日、安倍首相から「緊急事態宣言」の発令がありました。

感染拡大防止への政府や自治体からの強い協力要請を踏まえ、以下の通り、全教室で、臨時休校の対応を取ることにしました。

 

1)48()5月6日()の間は臨時休校とさせて頂きます。

2)休校中に予定されている授業については後日振替対応させて頂きます。詳細は別途ご連絡差し上げます。

3)57()以降は通常通り営業いたします。

この期間中は基本的に完全閉室とし、明日を除き、私以外の職員は出社いたしません。


全ては感染防止のため、全面協力していきたいと思っています。







 

いよいよ、緊急事態宣言の発令をすることが決まったようです。

史上初ということで、我々はまさに歴史上後世に語り継がれる瞬間に生きていることを実感しています。

これまで生徒さんたちの安全・安心を第1に、万全の感染拡大防止策を実施の上、授業を行ってまいりましたが、感染拡大防止への政府や自治体からの強い協力要請があるだろうことを踏まえ、全教室の臨時休校を決めました。

また、新型コロナによる諸外国の悲惨な報道が流れ、その惨状と同じ状況に日本がならないために、今、私にできることは何かを考えてのことでもありました。

緊急事態宣言は明日(4/7(火))、発令し、明後日(4/8(水))から効力を発生させる方法で調整しているようなので、明日は開校し、明後日から臨時休校予定です。

詳細は明日の正式な宣言後に発表します。



コロナ騒動で外出をすることに不安を感じる昨今ですので、オンライン授業で対応できないか、ただ今、模索中です。

ただ、実際にオンライン授業をしている先生からヒヤリングして情報を集めているものの、実施するまでには時間がかかるのではと思っていました。

また、こちら側から提供したいと思っていても、ニーズがあるのかとも思っていました。

それが、保護者様からオンライン授業はできないかというご質問があり、一気にやる気モードがアップしてきています。

時代に合った商品をお届けできるように頑張りたいと思っています。




都立高校GWまで延長休校し、都内公立小・中学校も追随するかと思いきや・・・。

対応はまちまちで、予定通り開校する区もだいぶあるようです。

小池都知事が都内公立小・中学校休校を緊急要請したにもかかわらずです。

なぜでしょうか。

感染症対策のためには休校するべきなのは誰にでも分かりますが、そのためにすべてを犠牲にする子供たちへの弊害も考えてのためだと思います。

特に子供たちの1か月は大人のそれとは比較にならないほど貴重なものです。

ところで、「塾はどうなるんですか」

というご質問を今日は何件か頂きました。

「今のところは開校していくつもりです」とお伝えしていますが、先が見えない閉塞感のある中、近い将来、どうなるかは誰もわかりません。

ただ、あまりにも偏った判断を下さないように注意をして、様々なご意見も伺いながら、適切な対応をとれるようにしていきたいと思っています。

KIMG0454 (002)

今日から新年度です。

世の中、大変なことになっていますが、全体的には今年の新年度募集も順調で、同月比ですと過去最高の生徒数となりました。

学習塾向けの出版社の営業の方のお話ですと、同業他社さんの集客は随分と苦戦しているそうで、そうしたことをお聞きしますと、改めて講師の方々をはじめ周りの方々に恵まれているのだと感謝しています。

ところで、今日は第2教室の管理業務でした。

新年度入りということで、毎年この日に変えている合格イラストを最新版に張り替えました。

今年度もこの画像のように全生徒さんを成績アップに導いて、志望校に合格できるように頑張っていきたいと思っています。


↑このページのトップヘ