2019年06月

今日は漢検の実施日で、3教室すべてで開催しました。

塾生だけでなく外部の方々にも参加して頂き、多くの皆様にご利用頂けてとてもうれしく思っています。

今後ともこうした機会を積極的に捉えて、地域社会に貢献していきたいと考えています。

また、漢検などの各種検定だけではなく、新しい試みにも果敢に挑戦していきたいとも思っています。

そのためにはアンテナを張り巡らし、最新の時流を掴み、皆様に喜んで頂けるものを探していく必要があります。

その結果として、1つでも多くの実りを生み出せるとしたらどんなにすばらしいことでしょう。

そう考えていくだけでもワクワクしてきますね。

「浪平さん」理論をご存知でしょうか。

「浪平さん」とは、「サザエさん」に登場する父親の磯野波平さんのことです。

戦後間もない1946年に原作漫画の新聞連載が始まって以来、波平さんは54歳のまま。

日銀の局長さんが、

「年齢には実年齢と生物学年齢の二つの概念がある」とし、波平さんを引き合いに出し、「日本人は生物学的に当時よりずっと若くなっている」

と主張しています。

生物学年齢を測る最も単純な指標は死亡率(人口100人に占めるその年の死亡者の割合)。

利用可能な1947年の統計では54歳の死亡率は1.7%。

2016年で同じ死亡率なのは74歳で、「1947年の波平さんと生物学年齢は同じだ」と言うのです。

確かに波平さんは74歳の方がしっくりします。

今後、医学の更なる進歩により、生物学年齢による波平さんの年齢は上昇していくでしょう。

ここから日銀の局長さんのお話しは年金問題の解消について向かいます。

個人的には、「いつまでも若々しく、働き続けられる限り、ずっと働きたい」

という気持ちでいますので、かなり飛躍した話ではありますが、老後という概念がなくなり、年金制度そのものが必要のない世の中の到来を期待しています。

今日はホームページの制作会社さんが営業にお越しになりました。

従業員募集専用のホームページを少々検討していたところに、お話しがあったのでお受けした次第です。

制作方法についての説明が一通りあった後で、料金について総額は言わずにリースでの提案をされました。

そこで、総額についてお尋ねしたところ、相場から全く外れた法外な値段でした。

何百万円でもリース契約にすれば月々の支払いは数万円になるので、広告費と割り切って購入するところもあるのでしょうか。

こうした業者さんの営業の方も大変でしょうが、商品相場を知らないで購入したところはたまったものではありません。

何かを購入する際には、よく調べて比較検討することの大切さを改めて思い起こしました。

イメージ 1

イメージ 2

ホームページに掲げている「『明るく広い独立ブース』と言われてもよく分からない」

そんなご指摘を先日ある先生から頂きました。

どうして分からないかをもう少し深くお伺いしたところ、実際に教えている先生と生徒さんがいないからという鋭いご指摘でした。

そこで、早速、教室長の方々に無理を言って授業の風景を撮って頂きました。

個別指導と謳っていても、こうして完全に前が覆われて集中できる環境になっていないところも多いようです。

そうした秀でている環境をきちんとお伝えできるように、ホームページに授業中の風景を組み入れていこうと考えています。

東京都では都内企業に対して様々な奨励金を行っています。

この度、ある社労士さんのご紹介で3つの事前エントリーに参加し抽選したところ、3つとも1回で当選しました。

中には4社に1社しか当選しないものもあったようで、ついていました。

強い思い込みがなかったのがかえって良かったのでしょうか。

今日は都立小石川中等教育学校教育学校の学校見学会に行ってきました。

まず、驚いたのが出席者の多さです。

先週、同じ都立中高一貫校の大泉高校のこじんまりした説明会に参加したばかりだったので、なおさらでした。

更に、参加者の三分の一程度が他校の先生方だったことやマスコミ関係の方もこられていたことにもびっくりしています。

やはりそれだけ注目されているということなのでしょう。

進路実績など詳細なデータ資料を頂き、ここに公表したいところではありますが、関係者限りということでご案内できないのが残念です。

生物の実験や3教室に分かれて行われる英語の授業見学もさせて頂き、とても興味深いひと時を送ることができました。

定期テストの過去問をクラウド上で保管する作業をしています。

実際に【学校別-年度別-学年別-教科別】をフォルダーに分けて細かく保管すると、探すのが大変なため、簡単に検索できるものが必要なことに気がつきました。

そこで、早速、学校別のインデックスを作成することにしました。

実際に作成してみると、一目で確認できて自己満足に浸っています。

これでまた、教室長の方々の事務作業が少々増えてしまうのが気がかりですが、それを乗り越えて、良い仕事をしていきたいものです。

今日は企画会議がありました。

3月末から理念の浸透のために、議題の1つに「経営理念の見直し」を盛り込んでいます。

直近の3週間は「価値観と理念の具現化」の見直しです。

1週目は大きな3つの柱として「【スマイル&コミュニケーション】【清潔(clean)】【約束(promise)】を掲げました。

2週目は各教室長に3つの柱のそれぞれに具体的な文章を考え発表して頂きました。

そして、今週はそれらを参考にしてまとめたものが以下の文章です。


【スマイル&コミュニケーション】 

常に“ありがとう”という感謝の気持ちで満面の笑顔であいさつします。

【清潔(clean)】

 私たちは清掃・整理整頓を徹底し、いつも最高の状態で学習できる環境を提供します。
 
【約束(promise)】

 小さな約束、大きな約束、その一つ一つに誠意を持ってご期待にお応えし、信頼という財産を築いていきます。


いかがでしょうか。

ただの文章ではなく、その言葉の1つづつに意味をみんなで深く考え、生み出された結晶です。

絵に描いた餅になることなく、生きた言葉となるように活用していきたいです。

今日は顧問の社労士の先生にお越し頂き、助成金について色々とお話ししました。

助成金は多岐に渡り、社労士の先生でも得意分野とそうでない分野があるようです。

そのため、助成金申請で、顧問の先生以外に、別の2件の社労士事務所と取引をしています。

更にもう1件のところとの取引も始ますかもしれません。

そうした状況ですので、顧問の先生には、セカンドオピニオンとして意見を求めることにしています。

「餅屋は餅屋」という諺がある通り、私では気がつかないことも多くあると思うからです。

他の顧問先からはあまりこのような例はないようで、「それにしても色々な案件が持ち込まれてきますね」と少々驚かれていました。

中小企業診断士の先生からプロモーション作成についての2回目のレクチャーを受けました。

塾是でもある『安心の低料金で圧倒的に高い成果を』の『低料金』がイメージが悪いというご指摘を頂きました。

このご指摘については先日、別の中小企業診断士の先生からも頂きました。

いわゆる「安かろう悪かろう」というイメージにつながり、ブランド価値を下げるという見解です。

確かに一理あるとは思います。

ただ、この表現以上にピッタリくるものが浮かばないのも事実です。

次回に今日の電通出身のこの先生が、PR文を考えてきていただけるそうなので、大いに期待しています。

今日は数検の申込最終日でした。

ただ、今回はこの日を待たずに開催会場の光が丘第1教室と成増教室とも既に定員に達し、受付を締め切らせて頂きました。

これは、今回から数検の提携会場となったことが一つの要因であります。

練馬区と板橋区の提携会場はなんとステップアカデミーだけなのです。

今後、認定されるところも出てくるかとは思いますが、最初に認定されたことは誇らしく思って良いのではないでしょうか。

これからも、地域に貢献できる施策を打ち続けていきたいと考えています。

今日は第1教室と第2教室で教室長の代わりに巡回指導を担当しました。

1件は三者面談、もう1件が入塾手続きが授業時間帯に入ったためです。

そうなんです、今日から三者面談が開始されました。

三者面談は教室長が保護者様と生徒さんの課題を傾聴し解決する道しるべを提案したり、受験情報をお伝えするなど、様々なコミュニケーションを密にとっています。

そうした重要な場ですので、できるだけフォローしていこうと考えています。

勉強の場以外にも色々な機会を見つけて、生徒さんの成長を促していきたいと思っています。

今日は都立大泉高校の学習塾対象学校説明会に参加してきました。

「都立中高一貫校 併設型 募集停止」の発表があってから初めての学習塾向け説明会でした。

そのため、多くの出席者がいるのかと思っていましたら、逆にとても少人数で、アットホームな説明会でした。

1日に3回も大ホールが満室になる適性検査問題説明会の様子とは全く違い、少々驚きです。

ただ、アットホームだったおかげで、沢山の質問をすることができて個人的には良かったです。

またきめ細かく丁寧にご回答いただき、とても感謝しています。

今日の運営企画会議で定期テストの過去問をクラウド上で保管したらどうかという話になりました。

教室間での重複がなくなり、業務の軽減が期待されるためです。

それは良いということになり、早速、行動に移すことになりました。

最初にする作業が【学校別-年度別-学年別-教科別】に管理するため、フォルダーをいくつも設けることからになります。

その作業を担当することにしました。

かなり面倒な作業になると心してかかったのですが、ある程度まで作成すると、後はコピーしてできることを岩瀬先生に教えて頂き、大変に助かりました。

そのおかげで、何とか1日で仕上げることができて有難かったです。

後は過去問をファイルを移動させていくという、これもまた大変な作業があり、こちらは各教室長の方々にお願いしています。

みんなで汗をかいて作り上げていくものですので、完成した暁には有効利用していきたいと思っています。

昨日、 タガラファイブ(田柄5丁目地域商工会) の総会に参加しました。

開催時間帯に急きょ説明会(結果的に入会手続きも)が入ったため、途中で長時間抜け出すというハプニングがありましたが、とても温かく受け入れて頂き、感謝しています。

様々な業種が集う商工会なので異業種の興味深い話題を聞けたり、地域密着なので、近隣情報を知ることができたりと、とても充実したひと時となりました。

ところで、全く話は変わりますが、今日は今までに体験したことのないハプニングに見舞われました。

授業が始まる前に、第2教室に訪問し、大塚先生との話し中、「ジージー」と耳鳴りのような音が突然しているような気がして、大塚先生に伝えたところ、

「聞こえますよ」との返答。

それは耳鳴りではなく、洋服の中からの音でした。

でてきたのは、なんと、真っ黒い大きなハチ。

教室を飛び回って、のちに大塚先生に退治して頂き事なきを得ました。

色々なことがあるものです。

今日、成増教室に行くと、岡村先生が一生懸命に事務作業をしていました。

何をしているのかと思ったら、個別指導の先生方に記載して頂いた担当の生徒さん達の「夏期講習学習内容」の清書をしてました。

その枚数がかなりの量です。

清書している岡村先生も大変そうでしたが、記載いただいた先生方も恐らくかなりの時間をかけて考えて頂いたのだろうと察します。

自分の担当する生徒さんのことを真剣に思っていないと、とてもできないことではないでしょうか。

実はこの「夏期講習学習内容」を先生方に書いて頂くのは岡村先生の発想から始まったものです。

こうした機会を設けることによって、先生方の想いが形となって現れるのだなと感心しています。

最近、電気料金のお知らせが郵送で届かないな~と思っていましたら、なんと、平成28年12月から送られていませんでした。

それ以降はネットを通して確認するように封書が届いていたのです。

何と届いてから2年以上も経過した封書を、本日、開封してそのことを知りました。

ネットで確認すると、月々の料金が分かるだけでなく、時間ごとの使用状況もわかるなど凄い情報量を検索できてとても便利です。

更に、教室ごとに使用状況が確認できるように便利な機能もついています。

早速、教室長の方々にその機能を使って頂くように連絡をしました。

電気料金は引き落とされた時に把握できていたのであまり不便を感じていなかったのですが、こんなに便利なものがあったにもかかわらず、利用しないで勿体ないことをしてきました。

ただ、このことに気がついたきっかけは、電気の自由化で見直しの勧誘が日々多くなってきたことだったため、この機能を長く使えるかは定かではありません。

今日は本格的に1日中、大雨でした。

そんな中、学校説明会に車で向かったのですが・・・。

校門前に到着したのは開始10分前。

余裕を持っていけるかと思ったのですが、近くの駐車場はどこも『満』の赤い文字が掲示されていては入れません。

ぐるぐると回っているうちにやっと『空』の白く掲示された駐車場を見つけ、急いで会場に向かいました。

ところが、そこから何と迷子になってしまい、グーグルマップを駆使して頑張ったのですが、説明会が始まって15分経っても校門にたどり着けず、行くのを断念してしまいました。

スーツもびしょぬれで踏んだり蹴ったりです。

気分を取り戻し、教室に行って、たまっている事務作業をしました。

おかげさまで、事務作業がだいぶ進みましたので、恐らく神様の思し召しなのだろうと感謝することにしました。

機会を逸して中々紹介できずにいましたが、HP担当のNさんが 夏期講習用ページ を作ってくれました。

既にHPからもご覧いただけるようになっています。

また、このページに合わせて、沢山のバナーも作って頂き、とても感謝しています。

最近はこうした雰囲気の画像が流行っているそうです。

素人の私はそうしたことには無頓着なので、大いに助かっています。

今日は成増教室長の岡村先生がお休みのため、成増教室の管理業務をしました。

久しぶりに担当しましたが、私が担当した巡回指導のそれぞれの生徒さんの過去の履修内容が詳細に記録されていて指導しやすかったです。

こうした記録にまできめ細やかに取り組んでいる岡村先生には頭が下がります。

ところで、その 岡村先生のホームページの写真 を更新しました。

ガッツポーズをしてとても凛々しく撮れているように思いますが、いかがでしょうか。

イメージ 1

イメージ 2

今日はステップアカデミーと同じく練馬区にある東京女子学院の学校説明会に行ってきました。

去年に続き、2年連続の訪問となります。

去年と同様のキャッチフレーズ”変わります東京女子学院”のとおり、今年もまた廊下がきれいになったりと、目に見える形でも変わっていました。

また、去年同様、先生方の明るいあいさつで気持ちよく迎い入れて頂きました。

ただ、最近は女子中、女子高の人気がないようで、一時は1,000人以上いた在学生が、200人を割り込んでいた時期もあったそうです。

それが今期は先生方の頑張りもあり200名を回復したそうです。

説明会は好印象で、留学制度の充実や、確かな進学実績など、内容を知れば知るほどお勧めです。

驚いたのは、現役大学進学率は85%なのですが、その内訳で一般入試が5.7%だったことです。

他はAO22.9%、公募推薦22.9%、指定校推薦48.5%でした。

また、指定校推薦が110大学450名以上あるのも生徒数に対して異常に多いのも驚きでした。

難関志望でなくきめ細かい指導がご希望な方は一度見学に行かれてみてはいかがでしょうか。

昨日・今日と専門家の方から以下の4つの貴重なお話をお伺いするを機会を頂きました。

1、社労士のA先生からはある助成金

2、社労士のB先生からは別の助成金

3、東京商工会議所の職員の方から経営計画の作成プラン

4、中小企業診断士の先生からプロモーション作成、

1,2の助成金についてですが、世の中には想像以上に多くの助成金があるようで、専門家でも強い案件とそうでない案件があるようです。

アンテナを広く張り巡らし、自社にあった案件を見つけ出す努力の大切さを学びました。

3についてはあるセミナーをきっかけに問合せしているうちにたどり着いた機会でした。

試行錯誤しながらもチャレンジしていけば、思いもよらぬ幸運に巡りあえることもあるということを知りました。

4については岩瀬先生と一緒に面談しました。

自社の「強み」や「売り」を専門家と一緒に見つめ直す第1回目で、先生のお話しがとても興味深く、内容の濃いひと時でした。

1~4は全て税金などの公金で賄われている機会ですので、社会に貢献できるように有効活用していきたいと思っています。

ただ今、即戦力となる従業員の応募を始めています。

今までは出店が決まってから応募をしてきましたが、今回は良い出会いがあった場合に今後のことを決めることにしました。

今日もご応募いただいた2人の方とお会いしました。

両人ともとても魅力的な方ではありましたが、今、求めている人材とは違うこともあり、今回はご縁がありませんでした。

お互いにwin-winの関係になれると確信した場合に、仲間として迎い入れたいと思っています。

今日は昨日の全国統一小学生テストの出勤の振替で岩瀬先生がお休みのため第1教室の管理業務でした。

その岩瀬先生にほとんど作成して頂いた小規模事業者持続化補助金の申請書を持参して練馬支部の商工会議所に行きました。

事業支援計画書を頂くためです。

持参した申請書をもとに職員の方と簡単な面談をした後、すぐに計画書を発行頂けました。

これですべての書類が整いましたので、早速、応募することにします。

良い結果が訪れますことを期待しています。

イメージ 1

今日は全国統一小学生テストの開催日です。

日頃、学校で解いている基本問題とは違い、考える問題がふんだんに入っていますので、解くのに四苦八苦している受験生もいましたが、皆さん最後まで頑張ってくれました。

スポーツとかお友達と遊ぶことも子ども時代の大切な機会ですが、こうした経験を積むことも、それと同じくらい大切なひと時だと思っています。

四谷大塚さんがそうした機会を提供し続けている意義はとても大きいと思いますし、それに係れていることに大変に感謝しています。

イメージ 1

入退室管理用の画像を器用な大塚先生が作成してくれましたので、3教室共にこの画像に更新しました。

 大塚先生のブログ によると「入退室システム」の「システム」という言葉のイメージから画像を作ったそうです。

左側の枠「ステップアカデミー入退室システム稼働中」には現在時刻が、右側の枠「information」にはカードを通した生徒さんのお名前が入るようになっています。

こうしたハイカラなオリジナリティに富んだ画像に更新できてうれしく思っています。

↑このページのトップヘ