2017年01月

『ユーザ限定の会員サイトを利用して、高品質でスマートな教室運営を』

おしゃれなキャッチフレーズと魅力的なデザインのパンフレットに惹かれてメンバーズサイトに登録してみました。

メンバーズサイトとは長年懇意にしている教材会社さんの塾向けのサービスサイトです。

以前から存在は知っていたのですが、有効利用できないのではと思い込んでほったらかし状態でした。

ただ、拝見してみると、教材会社さんには大変失礼な思い込みで、とても役立ちそうなサービスが山ほどあるではありませんか。

来期に向けて研究し、いやいや、役立ちそうなサービスはすぐにでも取り入れ、生徒さんの学力上昇に貢献していきたいと考えています。

今日は光が丘第2教室と成増教室に久しぶりに訪問しました。

光が丘第2教室には企画会議の会場として利用しました。

記憶では初めてだったように思います。

一方、成増教室には蛍光灯を置きにいきました。

先日、成増教室で発注した種類の蛍光灯を間違って第1教室で発注してしまったためです。

蛍光灯にも色々と種類があるようですね。

ところで、久しぶりに訪問してみると気がつくことが多くありました。

4月の新体制になってからはこれをほぼ毎日実施することになります。

ノウハウの各教室横断を行い続け、相乗効果を図れればと思い描いていましたが、今日の訪問でそれが具現化できそうな感触を得ることができました。

今日は漢検の検定日。

部活の大会などで遅刻した受験生が複数人いました。

全部できるか心配していましたが、皆さん、どうにか最後まで書き終えることができたようで、一安心でした。

ところで、漢検と言えば、「今年の漢字」

去年はリオのオリンピックの日本人金ラッシュもあり『金』が選ばれましたが、今年は何でしょう。

まだ、始まったばかりで予想しにくいですが、

トランプ大統領の「米国第一主義」の政策にちなんで、

『一』と予想しますがどうなるでしょうか。

隣の芝生が青く見えることって、誰にでもあると思います。

それをどうしたら、自分の芝生が青く見えるようになるか。

私は自分のテリトリーを徹底的にやりきることだろうと考えています。

最初は小さなテリトリーで構いません。

そこを徹底的にやりきるのです。

大体ではなく完璧にです。

その積み重ねが、だんだんと大きなテリトリーになり、次第に他の人にも良い影響を与える存在になると信じています。

そうなってくると、自然と自分の芝生が青く見えるようになるはずですよ。

皆さん、真似てみませんか。

今日と明日は都立の推薦入試。

以前はほぼ内申で決まっていましたが、今は内申は半分までです。

残りが、集団討論、作文や小論文、個人面接といった単純な学力では測れないので合否が読みにくくなりました。

加えて倍率が高く狭き門です。

受かればラッキーぐらいの気持ちの方が、1か月後の一般入試のことを考えると賢明のようにも思います。

そんなおおらかな気持ちで受けて頂いた上で、結果として生徒さん全員が合格の切符を手に入れて頂けることを祈っています。

本日、中小企業診断士養成課程の企業診断実習として行ってきた発表会がありました。

その際に頂きました58ページに及ぶ「診断報告書」。

ボリュームだけでなく中身も濃いのです。

学習塾業界を詳細に調べ上げ、とても参考になる報告書にまとめ上げて頂きました。

特に解決に向けた提案は圧巻で、すぐに取り入れたいと思うものが多くありました。

毎週行っている企画会議での勉強資料として活用していきたいと考えています。

そして、この報告書が宝となり、成長への礎として役立たせて頂くことが、作成して頂いた方々への最大のお礼になると信じて頑張っていきたいと思います。

この度は、診断報告書の作成に尽力頂いた実習生の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

本日、ちょっと遅い新年会をしました。

新年会といっても昼食でお酒も飲まないものでしたが、食べ放題でお腹いっぱいになり、楽しいひと時となりました。

いつものような授業終了後に行うのとは違った雰囲気で年の初めに元気を得た気分になりました。

また、3月から入社が内定しているI先生にも参加して頂き、新体制でのメンバーだったことで、一層華やかな催しになりました。

運気をトリ込む酉年は物事の成果を出すにはもってこいらしいです。

今日の雰囲気を大切にして、仕事面でもどんどん成果を出していける年になることを期待しています。

前回採択された補助金申請に再度チャレンジしています。

この補助金申請には販路開拓のための経営計画を作ることが必要になります。

持続的発展には計画と向き合い、「気づき」を得ることが不可欠ですので、またとない機会を頂いていることになります。

会社側で作成する書類が出来上がったので、本日、商工会議所にお伺いし、その書類を提出し、申請に必須の支援計画書を無事頂くことができました。

また良い結果が舞い込んでくることを期待しています。

今日は英検の試験日でした。

受検生が多数で第1教室だけでは入りきらなかったため、第2教室も会場として開けました。

そのため、本来ならばお休みのところを、大塚先生にも手伝って頂くことになりましたが快く引き受けていただき助かりました。

ところで、英語がこんなにも重要視されているのは、世界共通語のような言語であるからにほかありません。

それはアメリカの力によってもたらされているはずです。

そのアメリカで、暴言王、トランプ大統領が誕生しました。

福沢諭吉が『学問のすゝめ』で「愚かな国民が選んだ政治家というのはやはりこれまた愚かである」という趣旨を記しています。

世界のインターネット普及率ランキングを見てみると、

1位のアイスランド98.20%を筆頭に先進国が上位を独占しています。

参考ですが、日本は9位の93.33%です。

それが、なんと世界で最も強力な国家であるはずのアメリカは42位の74.55%なのです。

国内にきちんとしたインフラガが整っていないのではないでしょうか。

もしかするとインターネットだけでなく、教育も同じような感じかもしれません。

そうだとすると、トランプ大統領が選ばれたのも納得です。

トランプ大統領は「米国第一主義」の政策を掲げ、内向き外交に転じようとしています。

ただ、悲しいことに国家が内向きになれば、結局は弱体化は避けられません。

いずれ英検ではなく中検(中国語検定)がもてはやされることになったりして・・・。

冗談はさておき、日本も対岸の火事ではいられません。

近い将来、今迄の世界秩序は崩壊し、世界の勢力図は大きく変わることになるかもしれません。

その中で存在感のある国になりたいですね。

既報の通り、本日、新たな税理士さんと顧問契約を締結しました。

アジアのバックパッカーのご経験も豊富とお伺いし、似たような経験があるので親しみもわきました。

また、職歴として、システム会社やコンサルティング会社でご活躍していたことにも魅力を感じています。

そして教員免許もお持ちとお伺いし、なんとマルチな才能な持ち主と羨ましくも思っています。

そんな魅力たっぷりな先生が顧問になっていただき、心強い限りです。

これを機に更なる飛躍ができるように努めていくことにします。

小池都知事になってから豊洲やオリンピックなど様々な問題が浮き彫りになってきました。

教育関係では、私立校無償化についての提言です。

ばらまきとの批判もあるようですが、すでに無償化されている都立高校との「公私格差の解消」はやむを得ないのではないでしょうか。。

高校受験生のほとんどが都立高校を第1志望にしている印象ですので、これでは特色ある私立の文化は育てにくいと思います。

「公私格差の解消」をし、対等な立場での競争が必要です。

それにしても小池都知事の行動力には恐れ入ります。

セルフ・キャリアドック制度を導入することにしました。

あまり馴染みはありませんが、うちみたいな小さな企業にとってはとてもありがたい制度なのです。

厚生労働省が推奨していて導入時には助成金がでます。

概要は次の通りです。

『キャリア形成における「気づき」を支援するため、働き手に対して、年齢、就業年数、役職等の節目において定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を企業が提供する仕組み。』

つまり、大手とは違い、中々自前で人材育成に向けた取り組みが難しいところを国が後押ししてくれるのです。

そして本日、国家資格者のキャリアコンサルティングの方に成増教室までお越し頂き、山内先生が初めてコンサルティングを受けました。

このような、良い人材を育て社会に貢献できる企業に成長し続ける施策を、今後ともどんどん取り入れていきたいです。

センター試験が終了し、大学受験も佳境に入ります。

そうした中、今日「増コマを入れたい(※”臨時の使授業を受講したい”の意)」とのご希望を高3生から頂きました。

ただ、担当の先生はすべて埋まっていたので、通常授業終了後に数日間行うことになりました。

担当の先生も体力的に大変かと思いますが、嫌な顔一つせずに快くお引き受け頂き、とても感謝しています。

思い起こすと、去年も、その前の年も同じように授業が終わってから実施しています。

体調管理には特に気をつけ、ラストスパートをかけて頂くことを期待しています。

最近、新規の方からの資料請求がとても多くなってきています。

その資料が入った封筒に手書きのご挨拶を本日、添えてみました。

パソコンから出力されるのとは違い、真心が伝わっていくように感じます。

ただ、煩雑であることも確かです。

この試みがどこまで続けられるか自分でも定かではありません。

このブログのように長期間、継続できることを祈っています。

今日は塾内テストでした。

午前中は学校のため、午後から実施となりました。

入りきらないかと一時は分散も考えていましたが、部活動などで後日実施の中学生がとても多いことが功を奏し、何とか無事に実施できました。

皆さんとても集中して頑張ってくれましたので、結果を楽しみにして待っています。

「餅は餅屋」のことわざのごとく、専門分野は専門家にお任せするようにしています。

税務関係は税理士さんです。

書類作成は不備があると大変ですから全てお任せし、適切な時期にきちんと整えていただけるのでとても助かっています。

ただ、今回お願いするつもりだった書類は税法的に任意のためか、作成は難しいと現顧問の先生からお断りの返事を頂いてしまいました。

これが毎年発生するものなので、総合的に考えた結果、新たな顧問先を探すしかないという結論に至だりました。

現顧問の先生は1期と短かったですが、とても良くして頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

ところで、顧問は一度決めたら普通は長いお付き合いになるので、色々な先生とお会いして決めたいと思い、今週、来週と多数のアポイントを入れました。

全員にお会いしてから決めるつもりでしたが、今日お越し頂いた先生と面談し、即決する気持ちに至りました。

そのため、後のアポイントはすべてキャンセルし、来週には正式契約の予定です。

良いご縁となりますように。

イメージ 1

イメージ 2

今年も真横の学問の神様”菅原道真公”を祭る北野八幡神社の神主さんが教室にお越しになられました。

これで2年連続となります。

祈願神符は昨年より1枚多くいただきましたので、とても良い見栄えです。

初穂料も同様に増えましたので、願い事もそれに応じて成し遂げられることを願っています。

イメージ 1

イメージ 2

今年の年賀状も大塚先生が素晴らしいデザインのものを仕上げていただきました。

このブログでも公表したかったのですが、生徒さん達にお届けするまでは気が引けましたので自粛していました。

年賀状には図書券が当選するかもしれない番号が振られていて、その発表が一昨日ありましたので、その話題と共にデザインも公表します。

発表前から年賀状を持参する生徒さんも散見され、注目度の高さが伝わってきていました。

早くも当選者が名乗り出てきてくれています。

これからも生徒さんたちがワクワクする企画をどんどん出し続けていけたらと考えています。

”中小企業診断士”の資格取得のお手伝いとしてお受けした診断実習がこの教室で今日行われ、8名の”診断士の卵”の方々にお越し頂きました。

”診断士の卵”とはいえ、普段は社会人として活躍中で、さらに資格取得を目指そうという意欲的な方々ばかりです。

2時間にわたる”経営者へのインタビュー”として受けたテーマ別の様々な質問は、とても的を得たものばかりでした。

そのため、経営面での多くの気づきを得ることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。。

そして、講師の方々へのアンケート、実際の授業の見学、さらには両教室長へのインタビューなどを通して、提案プレゼンテーションをしていただけるそうです。

少しでもお役に立てればと思いお引き受けしたことが、逆に貴重なご提案を頂けそうで、大変感謝しています。

前回、採択された経済産業省の補助金。

また公募が始まっているので、再度、チャレンジします。

今回は社内で作成し申請予定です。

この補助金申請には経営計画書の作成が必須なので、年初から経営計画書を練り直していたのですが、ほぼ完成しました。

こうした計画書を練っていく作業が、補助金申請とは別に、将来設計にもとても大切なことのように感じています。

今年の4月から光が丘第2教室、成増教室も土曜日開校することになりました。

以前からあった全教室土曜日の開校のご要望に答えられる体制になり、大変にうれしく思っています。

これが可能となったのも3月より1名の新規採用が内定したためです。

人的資源の増加により可能または促進できるサービス展開をこれからもどんどん考え実践していきたいと思います。

安全・安心な環境をもっと構築するのにできること。

思いついたのがネットワークカメラによるモニタリングです。

導入によって、教室内の生徒さんたちの安全を確保するための重要な見守り体制を敷くことができるようになります。

また、ブースが多い教室では勉強している様子が見えにくいことがあります。

教室の天井にカメラを設置することによって、勉強風景を安心して確認できるようにもなります。

さらに教室長が1人になる時間が多いことも考えると、その安全確保にも役立ちそうです。

さらに、さらに、新規戦略としてネットワークカメラを授業に導入によって、「Web塾生」の募集も可能になるかもしれません。

実現すれば、登校拒否のお子様や塾に通えないお子様のニーズを満たすサービスとなるはずです。

思いつたばかりなので、実現するまでには少々お待ちいただくことになりそうですが、ご期待に副えるように知恵を出していきたいと思います。

ポイント交換賞品2017を教室に掲示しました。

早速、新しい賞品交換の申請があり、生徒さんの注目度の高さが伺えます。

今回の賞品の選定やデザインは山内先生が担当してくれました。

生徒指導などの忙しいところを、時間を割いて作っていただき、大変に感謝しています。

生徒さんたちも色々な新賞品が誕生して、うれしく思っていることでしょう。

イメージ 1

仕事始めなので、今朝、教室の真横にある学問の神様”菅原道真公”を祀る北野八幡神社にお参りに行きました。

新たな年を迎え、今年も良い1年になることを祈りながら、おみくじを引くと、めでたくも

「大吉」

を引き当てました。

良い縁起担ぎの報告ができたところで、年初に当たっての抱負に移ります。

昨年は学習報告書などのシステムの導入という「IT」のハード面の強化をしました。

そして、今年は「人」のソフト面の充実を図っていきます。

具体的には他塾で10年の教室長の経験者を光が丘第1教室長として招きます。

3月就任予定です。

それに伴い、私が全体の運営管理者を務めることによって、実質、3教室すべての管理者が2名体制になります。

また、光が丘第2教室と成増教室の土曜日開校を、4月から実施予定で、これによって、どこの教室の運営も完全に同一になります

その結果として、提供する教育の質を高め、満足度の向上を図ります。

ところで、「IT」のハード面についての推進は昨年で完了してはいません。

人工知能やロボットなどの次世代の技術が社会を大きく変えようとしている時代です。

教育も潜在的な成長市場ととらえ、生産性を上げ、付加価値を高める施策を講じていきたいと考えています。

そのためにもアンテナを広げ、教育業界での流暢を探るように努めていきます。

運気をトリ込む酉年は物事の成果を出すのにはもってこい。

おみくじによれば「上吉の運に向いている」そうなので、運も味方につけて成果を出し続ける1年でありたいです。

↑このページのトップヘ