2015年07月

昨日、壁に掲げた経営理念、それに基づく”5つの誓い”の中に、下記の6つの4字熟語の原則がでてきます。

不撓不屈( never give up )

共存共栄( together )

公明正大( fair )

人権尊重( respect )

社会貢献( CSR )

法令順守( compliance )

それぞれがとても大切なことですが、この中で一番思い入れがあると言ったら、間違いなく、「不撓不屈」~”あきらめない”です。

諦めた時が失敗した時、諦めさえしなければ、成功し続けると信じ、取り組んできました。

思うようにならない事も多々ありましたが、成功の一過程と思い、改善、改良、工夫し乗り越えてきました。

これからも色々なことがあるでしょうが、不撓不屈の精神で邁進していきたいと考えています。

イメージ 1

”経営理念とそれに基づく5つの誓い”をいつも座っているイスの前の壁に掲げることにしました。

従来より、掲げていた”教育理念とそれに基づく5つの誓い”のすぐ近くに、毎日見れるようにです。

この2つの理念はまさにステップアカデミーの道しるべであり、いつ何時でも目に触れるようにしていきたいという想いからです。

理想に近づき、追い抜き、さらに高みを拝めるように精進していこうと考えています。

他の個別指導塾に通塾しているのに説明会にご参加して頂く方から、塾生一人ひとりに配布している夏期講習の細かな提案書を拝見させて頂く機会が時々あります。

そこには、お子さまの弱点を克服するために必要な授業のコマ数が細かく提示しています。

例えば、受験生でもない生徒さんに英語(助動詞3比較3命令形3不定詞3動名詞3受動態4・・・・)数学(方程式3比例と反比例4平面図形3空間図形4連立方程式31次関数4・・・・)合計70コマなどです。

一見、生徒さんのことをよく考えているかのようにみえますが、いかがなものでしょうか。

詳細は割愛しますが、業界の悪しき慣行に思えてなりません。

生徒さんやご家庭のことを考えるならば、ご予算のことや全体的な勉強時間のことを考えた提案であるべきです。

中には「悪徳商法にあった気分」という不快に感じられたお話しをお伺いすることもあり、同じ業界に属するものとして、やるせない気持ちになります。

この「講習の過剰提案」や「定期テストの成績保障」など、個人的に業界の悪しき慣行に思えてならない事には、同調せずに正しいと感じる方針に徹し、誠意ある対応を貫いていこうと考えています。

練馬ビジネスサポートセンター(愛称:ネリサポ)からの取材を本日、教室で受けました。

中小企業診断士の先生とスタッフの方がお越しになり、色々な質問を頂き、たどたどしくも率直にお答えしました。

この取材はネリサポが主催するセミナー「創業!ねりま塾」(8/30実施)のパネルディスカッション「練馬8人の起業家の流儀」でご紹介して頂けるそうです。

夏バテしないようにと、今日から子ども用健康ドリンクを生徒さん達に配り始めました。

パッケージにビタミン・カルシウムなど、子どもの発育に必要な栄養成分の配合を謳っていますので、頭脳明晰になる可能性も秘められているのではないでしょうか。

今回もオリジナルな商品ではありませんが、いずれステップドリンクなるものを市場にお届けできるようになりたいものです。

練馬区の中学校で使っている教科書のような名前の無人探査機「ニューホライズンズ」から、冥王星の画像が送られてきました。

「流れる氷河と大気にもや」があることも初めて確認できたそうでまさに画期的です。

ところで、今回、個人的にとても興味を覚えたのが無人探査機「ニューホライズンズ」のスピードです。

史上最速の探査機で、1日160万キロ近いスピードで飛び続けているそうです。

時速だと、4万8000キロ超の速さです。

大谷投手の投げるボールが速いと言っても時速160キロ程度、

また、新幹線の最高速度が時速300キロ程度と比較しても、

まさにケタ違いですね。

地球の直径が12,742kmですから、わずか16分で地球の上から下まで通過してしまいます。

そんなケタ違いな速さで飛ばしても、50億キロ離れた冥王星に達するには9年半の歳月を要しました。

また、撮影された冥王星の画像のデータは送信されてから16カ月間かけて地球に到着するのもとても神秘的ですね。

この無人探査機「ニューホライズンズ」、今後は異星人へのメッセージを送る計画もあるそうで、夢は尽きません。

見果てぬ夢を追い続ける人類のなし得る集大成ですね。

お問合せは相変わらず連日続き、最高だった去年の63%増となってきました。

それに伴い、月間の入塾者数も気がついてみれば、過去最高だった去年の7月を大幅に上回ってきました。

来週も既に体験授業や入塾のお返事待ちを多く頂いていますので、どこまで増えていくかとても楽しみです。

練馬ビジネスサポートセンター(愛称:ネリサポ)から取材依頼を頂きました。

練馬に根差して頑張っている会社を取り上げたいということでの取材だそうです。

学習塾での創業を目指している方が増えているのも理由の一つだそうです。

公的な機関からの取材を頂くのは初めてで、とても光栄なことです。

一生懸命に仕事に取り組んでいると、いつの間にか評価を受けていることもあるのだなと感無量でもあります。

ただ、現状は取り上げられるのがお恥ずかしい気持ちを覚えるくらいですので、さらに精進し、近い将来、毎日のように各方面から取材依頼を頂けるのが普通になりたいものです。

イメージ 1

光が丘新聞の8月の広告です。

夏休みに入ってからの夏期講習のお申込も大歓迎していることをお知らせすることにしました。

もちろん、デザインは私でなく大塚先生です。

ところで、光が丘新聞は月に2回発行しているのですが、今までは通常の掲載は後半でした。

それを8月から前半に変更になります。

今回の広告内容は前半だからこそマッチしてラッキーでした。

次回のチラシの原案の作成を夏期講習の始まるまでに仕上げて欲しいと大塚先生にお願いしていました。

夏期講習の準備で忙しい時期に無理なお願いをしましたが、快く引き受けてくれ、とても良い原案が出来上がってきました。

このまま手直しせずに完成版としても十分満足いく仕上がりです。

いつもながらあっぱれです。

ただ、今回の夏期講習のチラシと同様、時間をかけてじっくりと手直しし、より多くの人の琴線に触れる内容になるように努めていこうと考えています。

夏期講習が今日から始まりました。

光が丘第1教室では昨年まで午前中から開校していたのを、他の教室と同様、午後から実施することになりました。

体力に見合った運営で量から質への転換を目指すことにしました。

そのため、体力的にとても楽になり、寝不足からも解放されます。

実りある夏期講習のお手伝いを万全の体調で行うことができそうです。

中学時代の同窓会の案内が来ました。

何十年ぶりの再会をしたいところでしたが、あいにく以前から決まっていた家族旅行と重なってしまい、参加することはできません。

本当に残念です。

ところで、学生時代というのは、何十年たっても懐かしいものです。

ステップアカデミーに通塾して頂いている生徒さんにとっても良い思い出となるようにしていきたいといつも思っています。

そしていつの日か、ステップアカデミーの同窓会が開催されるようなことがあることを夢見つす、頑張ってまいります。

イメージ 1

ご意見箱、設置しました。

ただ、生徒さんが帰ってから作業をしたので、みんなの反応はまだ分かりません。

沢山のご意見を吸収し、より良い教室作りに役立てていきたいと考えています。

ソフトバンクからお声を頂き、大人向けの「はじめてのiPhone体験教室」(無料)を各教室で9月に開催することになりました。

スマートフォンに興味はあるけれど、よくわからない…、使ってみたいけれど使いこなせるか不安…、という方向けの、iPhoneの体験教室です。

ソフトバンクではこうしたiPhoneの体験教室に力を注いでいるそうですが、学習塾ではあまり前例がないそうで、もしかしたら、全国初かもしれません。

地域貢献にも微力ながら貢献できそうでうれしく思っています。

7月29日(水)19:00キックオフのFC東京vsベガルタ仙台のペアチケットを、生徒さんを対象に、抽選で1名の方にプレゼントすることになりました。

このペアチケットは、所属する東京商工会議所の東商会員招待企画の抽選で当選したものです。

日ごろ、頑張って通塾して頂いている生徒さんに少しでも還元できれば幸いです。

抽選結果は7月18日(土)に発表予定です。

夏期講習用のチラシとステップ新聞(夏号)の予想を大幅に上回る反響が続いています。

7月のお問合せとして最高だった昨年を、本日、月の半ばも行かず、追い抜いてしまいました。

ことわざの「三人寄れば文殊の知恵」とか毛利元就の「三本の矢の教え」のごとき、各教室長と知恵を出し合い、結束して生み出した作品だけにうれしさもひとしおです。

ところで、他塾の個別指導に通塾しているお子さまのお母様の説明会で、当然と思って運営していた下記のことに、とても感動して頂きました。


「振替は当日、16:00までに連絡で可能」

「教材を購入せずに持ち込み可能」

「各種講習(春期・夏期・冬期)は自由参加」

ただ、実は、説明会ではお話ししていない、他塾との運営と比較すると、もっと感動して頂けるサービスがあります。

ここでも公言しませんが、ほとんどの塾ではしていないようです。

まさにユーザー目線に立った運営だと自負しています。

イメージ 1

今日から教室が夏模様になりました。

ただ、相次ぐお問合せで時間が取れず、風鈴を飾ったぐらいのプチ模様替えとなりました。

順次、装飾を増やすように心がけていきたいと思います。

今日は数検の検定日でした。

授業では算数や数学の受講希望が圧倒的に多いのに、検定ではなぜか漢検や英検ほどの人気がないようです。

個人的には数検にはかなり魅力を感じていますので、どうにか盛り上がるように工夫していきたいと常々考えています。

数検を通して学力向上を目指せるような環境づくりを早期に実現していきたいです。

ただ今、夏期講習のコマ作りに奮闘しています。

できるだけ少ないコマ数で最大限の効果を発揮できるように工夫しています。

コマ数だけを頂いて、日時はお任せの生徒さんに対して、今年、一番意識しているのが、できるだけ同じ先生で、夏休み全体を考え、期間を開けて受講して頂くようにしました。

それにより、宿題をこなす時間が増え、勉強量が増すと考えているからです。

そう考えるように至ったのは、教えられてばかりでは伸びないように感じるからです。

夏休みにステップアカデミーに通って良かったと思って頂けるように、やれることはとことんやっていきたいと考えています。

7月は夏期講習前ということもあり、例年、お問合せが増える時期ですが、今年はいまのところ尋常でなく多くの数を頂いています。

去年も7月の新規のお問合せ数は過去最高でしたが、去年の9日現在と比較して2.3倍のお問合せを頂き、予想以上の反響を頂いています。

夏期講習に向けた準備が成果となって現れ大変にうれしく思っています。

これからも皆さんのご期待にお応えできるようにさらに精進してまいります。

イメージ 1

生徒さんからの提案を受け、『ご意見箱』を全教室に設置することになりました。

その箱の表面のデザインを大塚先生に作成して頂きました。

それが今日の画像です。

これから山内先生にアンケート用紙を作成して頂き完成となります。

設置後には多くの生徒さん方からのご意見を頂けることを楽しみにしています。

インターネットを使う「IP電話」が乗っ取られて勝手に国際電話をかけられ、高額な国際電話料金を請求される物騒な事件が最近話題になっています。

教室でもひかり電話を使っていますので、他人ごとではありません。

いつ何時被害にあうかとひやひやしていましたが、対策と言っても特にとりようがない気がしていたので、今日まで何の対策も取っていませんでした。

それが昨夜、下記の記事を読み、国際通話の『発信規制』という方法があることを知りました。

早速、今日、NTTに連絡し、FAX回線を含めた全教室の国際通話の発信規制の手続きを済ませました。

これで一安心です。

下記の記事によると、『準備ができ次第、ひかり電話を利用中の全顧客に、国際通話の発信規制手続きを検討するようダイレクトメールなどで呼び掛ける。』そうです。

その前に手続きが完了したので、混まないてスムーズに手続きができたことも幸いでした。




NTT東西が「ひかり電話」国際通話不正利用対策、約120件で被害相当額返金も

NTT東日本とNTT西日本は2015年7月6日、IP電話の交換機(IP-PBX)への不正アクセスによって高額な国際電話通話料請求が発生している問題について、今後の対策を発表した(関連記事:IP電話乗っ取りで高額請求被害、「通信機器の設定状況を確認」総務省が注意喚起)。事前連絡無く発信規制する緊急措置や、被害を受けた顧客の一部に相当額を返金する対応などを盛り込む。「ひかり電話」利用者が対象となる。

 7月下旬をメドに、前月の通話料の数倍にもなるような異常な国際通話料発生をNTT東西が認知した場合、顧客への事前連絡なしに国際通話の発信を一時的に規制する措置を始める。現行の約款にはこうした措置についての規定がないため、約款を改正する予定だという。

 現在、顧客から発信規制を申し込んだ場合、NTT東西は翌営業日に発信規制工事を完了している。この間に被害が拡大する可能性があるため、7月下旬をメドに、工事を即日完了できるように改める。さらに準備ができ次第、ひかり電話を利用中の全顧客に、国際通話の発信規制手続きを検討するようダイレクトメールなどで呼び掛ける。

 今回の不正アクセスはNTT東西の設備の故障・不具合に起因したものではない。NTT東西は高額であっても国際通話料を請求するという立場をとっており、この考え方自体は今後も変わらないという。

 ただし、顧客が自ら不正アクセスに気づいて発信規制を申し込んだにもかかわらず、工事完了までの間に被害が拡大した事例があった。こうした顧客については、申し込みから工事完了までの間の被害額相当分をNTT東西が支払う(返金する)。NTT東日本で約90件、NTT西日本で約30件の当該事例を把握しており、顧客に個別に連絡して支払い手続きをする。

 今回の不正アクセス対策の対象となるのは、NTT東西のIP電話サービス「ひかり電話」を利用中の顧客に限られる。KDDIやNTTコミュニケーションズなど他の通信事業者のIP電話サービスの利用者には適用されない。NTT東日本広報室は「被害拡大を抑制するために、他社に先駆けて対策を打ち出した」と説明している。NTT東西の加入電話では、今のところ不正アクセスの事象は把握していないという。

商品企画室長の山内先生が生徒さん向けに「夏休みの目標」をA4一枚の用紙に作成してくれました。

これは下記の4項目から成り立っています。

_撞戮澹紊肪成したい事

¬槁乎成に向けて

C成チェック

ず能評価

この用紙を利用して、担当の先生と教科ごとの夏休みの目標を立て、先生と相談しながら、目標達成に向けて努力して頂こうと考えています。

そして、夏休みが終わるい虜能評価で、生徒さん全員が達成度合いが100%になっていることを願っています。

プレスリリースとは報道機関・マスコミといった媒体社向けに告知する広報的手法です。

ステップアカデミーのプレスリリースの第1号が、昨日、商品開発室長の山内先生によって世に出ました。

パチパチパチ!!

記念すべき最初の記事は『夏期講習』についてです。


これからも継続的にプレスリリースを配信し、情報をお伝えしていく努力をしていきたいと考えています。

今期から試験的に速読講座で料金を大幅にディスカウントしたベーシック版を設定しました。

ベーシック版とは一人ひとりにピッタリ合った設定や記録は残らないお試し版ですが、トレーニングは十分にできるコースです。

やらないよりやった方が良いという気軽な気持ちで受講して頂こうと考えだしました。

あまり肩肘を張らずに楽しくやっているのが功を奏してか、参加者も増えてきています。

また、効果が出てきたといううれしいお言葉も出始め、自信を深めてきました。

そうした経緯もあり、できるだけ多くの生徒さんに強く薦めていこうという想いが強まっています。

スマートフォン用HP が完成し、今日から公開されました。

とても見やすく仕上げて頂き、感謝しています。

これからは、スマートフォンからですと、どこの教室のHPを閲覧しても、このスマートフォン用HPに飛ぶことになります。

スマートフォンからPCサイトを閲覧したい時には、スマートフォン用HPの中にある「PCサイト」のボタンを押して頂くと閲覧できます。

ただ、スマートフォン用HPはパソコンから見ると何とも間延びして見えてしまいますので、スマートフォンから見て頂くことをお勧めします。

HP上の 塾長ご挨拶 を更新しましました。

久しぶりの更新で、前回の更新はいつだったか忘れてしまったほどになります。

もっときめ細やかな更新を心がけようと、夏期講習に関する文面にしました。

これからは、季節ごとの更新を心掛け、旬の話題を掲載していこうと考えています。

↑このページのトップヘ