2015年01月

今日は今年度最後の漢検の検定日でした。

受験全員が一生懸命に取り組んでいる姿を声は出せませんがひそかにエールを送っていました。

ところで、個別指導の受講希望ランキングは/学英語9餮譴箸覆蠅泙垢、面白いことに検定の受験者数ランキングは逆で、ヾ糎´英検数検となります。

この相関関係から言っても、多くの日本人が漢字が得意で好きなのでしょう。

つまり、得意だから人から教えてもらう必要はないですし、好きだから進んでテストを受けてみたいという訳です。

漢検は多くの日本人に愛される漢字の普及に非常に貢献していますし、応援していきたいと思っています。

イラストレーターというチラシやパンフレットを作成する時に役立つ業界標準の代表的ソフトがあります。

そのソフト専用に使うパソコンを購入することになったのですが、そのパソコンが教室に届きました。

ただ、この使用者は私ではなく大塚先生になります。

大塚先生は第2教室長として幅広く活躍して頂いていますが、イラストを描くセンスも抜群です。

その腕を買って、今までにもチラシやパンフレットの作成をして頂きましたが、事務用のパソコンと兼用での作成は大変そうでした。

そこで、イラストレーター専用パソコンを購入することになりました。

大塚先生にはこのパソコンを武器にクリエイティブな社風を築き上げて頂けることを願っています。

今週の月・火曜日に都立の推薦入試がありました。

その時の様子を詳しくヒヤリングするアンケートを受験した生徒さんにお願いしたところ、多くの生徒さんが快く協力してくれました。

そして、記載して頂いた内容の中身も濃いものばかりで、真剣に答えて頂いたことに感謝しています。

ところで、肝心な入試の手応えも、一様に『あった!』とのことなので、一安心しています。

ただ、倍率も高いところが多いので、受かったら儲けものぐらいの気持ちを持ち、万が一の際にも気落ちしないで一般に迎えられるようにアドバイスしています。

今日は「管弦楽コンサート+本物の楽器体験」という切り口の広告手法の提案を教室で頂きました。

初めての提案だったので新鮮で時間も忘れ聞き入ってしまいました。

単なる広報活動のような広告でないことも関心を持った理由の1つです。

また、イベントのやり方次第では既にご利用頂いている生徒さんや保護者の満足度を高めることも可能なようでした。

そうなれば、企業文化も育て高めることができます。

個人的には広告というよりも音楽を通した文化活動のお勧めのようにも感じました。

これから研究を進めていきたいテーマが一つ増えました。

2月14日(土)から4月30日(木)まで、速読フェスタ期間が開催されます。

速読がメディアで紹介される機会も増えるそうです。

ステップアカデミーのHPでも速読フェスタのバナーを貼り盛り上げていきたいと考えています。

ところで速読講座を開始して早3年が経ちました。

その間、私ごとで恐縮ですが、個人的には何度か挫折し、現在休止中となっています。

また、奮起して開始しても同じことの繰り返しになることは目に見えていますので、両教室長の力をお借りすることにしました。

つまり、「一緒にやりませんか?」とお誘い、快く引き受けて頂いたという次第です。

1人では継続できない事でも仲間がいれば続けられそうです。

また、みんなでやれば色々な知恵も生まれてくることでしょう。

これを機会に速読を強化し、より多くの生徒さんの読む力の向上に役立てられるように頑張っていきたいと考えています。

毎週月曜日に各教室長が集まる会議をしています。

単なる教室の報告会にならないようにと、「運営企画会議」と格式ばった名称を付けましたが、ここにきて、名称に恥じない活発な会議になってきてうれしく思っています。

特に今日の会議は「こうしたほうが良い、ああしたほうが良い」といった具体的な提案がいくつも出てきました。

こうした提案が多くなるほど、現実的な進展につながるように感じています。

また、自分で考える習慣がついてくると、主体的に物事に取り組むことができ、働き甲斐ある職場環境になってくるのだと考えています。

良い傾向です。

活き活きと働く教室長の下でこそ、先生も指導しやすくなり、生徒さんも勉強に打ち込めるはずですから。

今後もこうした傾向を強め、企業文化として育てていくように努めていきたいと考えています。

今週の企画会議で私も含め来年度に向けた新しい取り組み案を10つずつ持ち寄りました。

あわせて30の案です。

全てが実行可能ではないですし、そのまま採用というわけでもありません。

ただ、各人が真剣に出しあっただけあって、これはやってみたいという案が多くありました。

それらをより吟味して、来年度の施策として取り組んでいこうと考えています。

その施策を実現できれば、生徒さんや保護者の方々に更なる進化をお見せすることができるでしょう。

今日は私立高校の単願推薦の入試の発表日。

皆さん無事に合格のお知らせを頂きました。

早速、その喜びを合格アンケートに記入して頂きました。

その中には、『高校に入っても続けるので、これからもよろしくお願いします!』といううれしいコメントも頂きました。

高校受験は一つの通過点ですので、より多くの中三生が高校に入っても通塾して頂けることを願っています。

イメージ 1

今日は多くの私立高校の単願の推薦入試日です。

単願の推薦入試なので、恐らく大丈夫だと思うものの、きちんと入試会場に行けただろうか、または、定刻前に入れただろうか、など、気をもんでいます。

実力を出し切れば、おのずと良い結果が出るはずなので、頑張って頂けることを期待しています。

ところで、全く別の話しに飛びますが、昨日ミニ複合機が初めて活躍しました。

毎日使っている複合機に不具合が発生し、修理を依頼したのですが、授業時間までに間に合いませんでした。

ミニ複合機はまさにそのようなときを想定し導入したものの、今まで一度も稼働したことがありませんでした。

結局、19時過ぎに修理の方がお越しになり、いつも使用している複合機も回復し事なきを得ました。

まさに備えあれば憂いなしですね。

通信制高校サポート校 のHPをアップしました。

高校生活と言っても、昔と違い、今は色々なコースが選択できます。

その一つが通信制高校です。

私自身、最近まで通信高校について疎かったのですが、年々、通学生が増えていることを知りました。

また、普通校に通っていたものの、その後、思うようにいかなかった元塾生のお話も風の便りで聞く事があります。

そこで、何かお役立ちになれることはないかと考えた結果、通信制サポート校を立ち上げることに致しました。

どこの通信制高校でもサポートする体制をとっていますので、通塾圏内の方はお気軽にご相談下さい。

イメージ 1

ステップ新聞の新春号が届きました。

今日から生徒さんにお渡ししています。

実は前回と同様、請求書の封筒に同封し、ご家庭にお送りしようと考えていたのですが、一歩、到着が間に合わいませんでした。

すると、うれしいことに、今日、請求書の封筒が届いたご家庭から「ステップ新聞が同封されてないがどうしたのでしょうか」というお問合せを頂きました。

待っていてくれる方がいるなんて、こんなありがたいことはありません。

ところで、今回の記事はクリスマス祭典の各部門の大賞の発表と明治大学に内部進学が決まった生徒さんのインタデューがメインです。

ホームページにも近々アップして頂く予定ですので、ご覧頂けると幸いです。

数年間、お休みをしていた英検を来期は復活する予定です。

昨今の英語教育重視の時流の影響もありますし、英検というイベントを通して生徒さんに英語と触れ合う機会を増やして頂きたいという期待もあります。

ただ、英検を復活しただけでは、生徒さん全体の英語力向上へとは続かないでしょう。

また、例年実施している漢検や数検も会場になっていただけで、全体として検定対策などの施策を講じてきませんでした。

どうしたら、生徒さんの学力向上へとつながるかを2教室長とも考え、生徒さんや保護者に提案していきたいと考えています。

その結果として、来期は英検を含め、3検定が学力を高める機会としてご利用頂く場になれば本望です。

今日はセンター試験。

天気が良くて何よりでした。

日ごろの努力が成果となって現れることを願っています。

それと同時に、今日は小1~中2対象の塾内テストです。

事前に渡した実力強化問題集に沢山書き込んで勉強している生徒さんも多く、頼もしく感じると同時に結果が楽しみです。

そして、この塾内テストを受けている小学生が大学を受験する頃、今のセンター試験ではなく、到達度テストに変わっていることでしょう。

求められる問題も現在の詰め込み式ではなく、思考力が問われる問題へと大きく変化しているはずです。

そうした変化をきちんと捉えていく必要がありますね。

ポイント交換商品を入れ替えてから、早2週間。

自分でも驚くほど、反応が良いです。

しかも、交換希望の商品の多くが、生徒さんが喜んでくれたらと心をこめて入れ替えた商品です。

数年前は交換商品と言えば、図書カードか圧倒的1位。

もっと、もっと、生徒さんが喜んでくれる商品をと研究し続けた成果が花開いた感じです。

また、自分なりにも、何が生徒さん達の心をつかむ商品なのかが、やっと分かりかけた気がしています。

やはり、何事も突き詰めて考えるということは大切ですね。

もちろん、生徒さん達の成績アップに対するこだわりはこんなものではありません。

全員が大幅アップの成績が取れるように最善の努力をしていきたいと考えていきます。

昨日、授業終了後に光が丘第2教室と成増教室の両教室長とささやかな新年会をしました。

忘年会と同様に職業柄、遅い時間帯となってしまいましたが、沢山の話題で花を咲かせることができ、とても楽しい機会を持てました。

ところで、働きがいのある企業2015が発表されました。

評価項目は『人材の長期育成、社員の相互尊重、20代成長環境、法令順守意識、待遇面の満足度、風通しの良さ、社員の士気』となっています。

そうそうたる企業が上位に並んでいますが、こうした企業に追いつけ、追い越せるように鋭意努力し、昨日、飲み交わした両教室長の日ごろの頑張りにお答えしたいですね。

空気清浄機をお手入れ中、イオン化線という細い線を切ってしまいました。

メーカーに問い合わせると、稼働はするが、普通は付いているものなので、将来の故障の原因になる可能性があるとのことでした。

直すためには、メーカーが引き取り工場に送ることを薦められましたが、こちらが学習塾でなくなると困る旨をお伝えすると、部品を送って自分で直すこともできるとのことでした。

通常通り、稼働ができるのを確認したので、部品を送って頂く事にし、今日届きました。

メンテナンスも大切ですが、そのために故障してしまい、本末転倒でした。

今後はこのようなことのないように慎重に作業していかなければいけませんね。

イメージ 1

イメージ 2

早いもので、速読を開講して3年たちました。

そのお祝いにと、日本速脳速読協会から色鮮やかなデンドロビュームのお花が送られてきました。

開講当初からやり続け、ずいぶんと読むのが速くなった生徒さんもいて頼もしい限りです。

ただ、私自身も休止中で、中々長続きしないという問題点を抱えているのが現状です。

今後は継続的に行えるような施策を取っていき、沢山の生徒さんに受講して頂き、効果を全体に発揮していけるように努めていければと考えています。

ステップ新聞(新春号)の原稿が完成しました。

編集長の山内先生には多大な労力を背負わしてしまっています。

色々な話題を集め、うまく構成し、まとめ上がった原稿を私と大塚先生がチェックし、あれやこれやと指摘させて頂きました。

それでも、ひたむきに頑張って作成している姿に感心しています。

まさに山内先生を中心にチームとして仕上げた作品です。

印刷が出来上がってくるのを今から楽しみにしています。

土曜日の今日も一時、巡回指導が満席近くまで生徒さんが来てくれました。

通常は平日に比べると少ない傾向があるのですが、だんだんそん色なくなってきました。

やはり、受験のゴールに近付いてきたことを実感しています。

この積み重ねの努力が良い結果となるのだろうことは間違いありません。

応援しています。

ところで、昨日の読売新聞の夕刊に日本医師会のトップであられる横倉氏の中学生時代のことがでていました。

なんと、驚くなかれ、授業についていけなく、自信を失っていたそうです。

その時に出会った言葉が、校訓の「一歩歩行万里」

担任の先生から「こつこつ努力したら、いつか結果は出る。この言葉を踏まえて頑張りなさい」と声をかけられたそうです。

一歩一歩進めば、長い道のりも到達できるという意味を教えられ、焦っていた気持ちが楽になり、成績も伸びていったそうです。

そして、その言葉通り、積み上げた努力が道を開き、現在があるそうです。

やはり、積み重ねの努力、大切ですね。

今日、いつも利用しているチラシの印刷会社の方から「最近どうしましたか」という連絡を頂きました。

思えば、去年の今頃は成増教室が開校したこともあり、毎週のように折込をしていました。

ただ、期待したような効果が見られないので、夏期には思い切って折込をしなかったところ、なんと、前年より入塾者が多いという結果が出ました。

そのため、1年は折込をしないと決めたので、印刷会社さんが連絡が途絶えたのを心配したようでした。

実は夏期以降も前年より多くのお問合せを頂いています。

もちろん、広告をしない方が人が集まるということではなく、広告をする労力を通塾して頂いている生徒さんに振り向けた結果と分析しています。

やはり魅力的な教室に人は集まるということなのでしょう。

これから教室をもっともっと磨きあげ、どの教室も自然発生的な口コミで空きがなくなる理想的な状況を作り出していきたいです。

昨日で冬期講習が終了しました。

昼食の時間帯を除き、朝9時から夜9時半まで教室で勉強し続けた受験生の生徒さんも結構いました。

今年の受験生の生徒さんは数だけでなく層の高さも間違いなく過去最高で、意欲的な生徒さんが多くいるのが特徴です。

教育目標に掲げている「自ら目標を持ち、自ら取り組む」 を実践している生徒さんも多くでてきました。

冬期講習では、私の担当している巡回指導において、「何の科目のどこの単元のこういった問題を出して欲しい」と指定してくる生徒さんも結構いました。

頼もしい限りです。

受験を通して、「自ら目標を持ち自ら取り組む」ことを習得できれば、その後の人生にも大きな武器になることでしょう。

NHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来 第2回 寿命はどこまで延びるのか」観ましたか。

凄い世界がまじかにやってきそうですね!

その中でも若返る薬NMNの存在は衝撃的でした。

今年中には人への臨床試験が始まるということですから、実用化までそれほど時間がかからないかもしれません。

ただ、本当に人が老いなくなると、今までには考えれない様々な問題が噴出してくることも間違いありません。

人口爆発により食糧危機に直面するかもしれませんし、社会保障のシステムも根本的に変わるでしょう。

そうしたもろもろの問題が噴出したとしても、NMNの実用化、待ち遠しいですね。

ところで、こうした最先端の技術も、実現したいという強い気持ちがあるからこそ、花開くのです。

畑違いかもしれませんが、学習塾でも同じこと。

通塾して頂いている全ての生徒さんが学校で1番になれる、つまり、全科目100点を取れる画期的学習法の開発など、従来では考えられないような大きな野望を持ち続けることが大切ですね。

今年もポイント交換商品を大幅に入れ替えました。

初めて載せたのが書籍類です。

コミック本をどうしようかと迷いましたが、生徒さんに喜んで頂けるものをという気持ちが強まり、載せることにしました。

予想通りというより、期待以上に関心を集め、既に交換希望も頂きました。

また、妖怪ウォッチを中心にキャラクター商品が増えたのも特徴です。

他にもディズニーチケット、プレイステーションストアチケット、デュエルマスターズなど、自分では考えもつかない商品が多くは入っています。

生徒さんが交換商品で勉強に対する意欲が少しでも高まれば、時間をかけて商品を選んだ甲斐があったというものです。

イメージ 1

今年の初詣で引いたおみくじは親子とも大吉で、とてもラッキーな年明けとなりました。

受験生の生徒さん達全員が第1希望に合格するお告げのような気がしています。

ところで、今年の抱負は、ずばり「頼りになる塾作り」です。

そのためには、自分を磨き、一緒に働いている全ての先生方と気持ちを一つにし、生徒さんと保護者のご期待やご要望にお答えしていく必要があります。

その積み重ねによって、今年の抱負が達成されると考えています。

また、達成することによって、先生方には働きがいと仕事を通じた自己実現の向上が得られると信じています。

そうした環境づくりを実現できる1年になれれば何よりです。

また、去年から掲げているスローガン

『よりクリエイティブに! より、スピードアップ! より清潔に!』

このスローガンを、今年も掲げ、塾の特色となれるように精進していきたいと考えています。

↑このページのトップヘ