2008年04月

当塾は、今期から祝日も授業をすることになったため、ゴールデンウィーク期間といっても長い連休になるわけではありません。

具体的には、明日、明後日の4月29日30日は5週目のため、通常は授業がある日なのですが、休みになります。

逆に来週の5月5日6日は世間では祝日のため休みですが、当塾は開校です。

ややこしいので、混乱を招いてはいけないと思い、先週、全体メールでご報告した後、先ほども、再度、ご報告致しました。

一見、暦どおりに授業をしていくほうが混乱がないようなのですが、運営していくと何かと不便で、このようになりました。

ただ、間違ってしまう塾生はいないと、いまから気がかりです。

「サッカーの監督に1番必要な能力は何か?」

と、あるJ1の監督が問われ

「戦術的な指導や練習の仕方などを教えることも確かに大切だが、一番大切なのは、やる気にさせること、潜在能力を引き出させることです」

と答えたそうです。

このことは、サッカーの監督だけでなく、指導する立場にある人にとって共通したことです。

つまり、「いかに人の持っている能力を引き出し、やる気にさせられるか。」ということが、指導者にとって1番求められているということです。

私の立場でいえば、塾生は無論のこと、講師のやる気を高めさせ、潜在能力を引き出させられるかが、一番求められている事ということです。

いくら優秀な人材を集めても、指導者がしっかりしなければ、その能力は生かされず、結果として、そこに集まった人々が、充実した時間を共有できないことになってしまいます。

そうならないように、具体的に何ができるかを常に考え、提案し続けることによって、やる気を引き出すように努めていくようにします。

新学期が始まったばかりだと思っていたら、早いもので、学校によっては今日から定期考査3週間前になります。

ステップアカデミーでは3週間前から定期テスト対策期間になりますが、今期は前期よりも充実した対策を実施するように取り組んでいきます。

具体的には、個別トレーニングの受講者には無償で試験範囲が満点になるまで、取り組んでいただこうと考えています。

また、個別トレーニングの受講者でない塾生にも、定期テスト対策期間だけの個別トレーニングの受講を推奨して、満点になるまで、取り組んでいただくようにしたいと考えています。

その他にも、受講科目でない定期対策も有償で行っていきたいと考えています。

ホームページの当塾の特徴の一番に記載しているのが、「1人1人の目的に合わせたカリキュラム」です。

その後の説明は以下の通りです。

「目的や目標は、生徒1人1人違います。ステップアカデミーではそれぞれの目的や目標に対して幅広く対応致します。まずは今の目標をご相談下さい。」

当塾では繰り返し学習法の「リピート&トレーニング」を推奨していますが、個別指導のみの受講も、もちろん歓迎しています。

その時に、こちらで用意していないテキストを使用しての授業をすることもできます。

たとえば、「通っている私立高校では沢山の宿題がでるので、そこの分からない所を教えて欲しい。」とのニーズにもきちんと応えられるように、優秀な人材を採用しています。


という感じで、書かせていただいたのは、昨日、「リピート&トレーニングでしか受講できないの?」という趣旨の質問を頂いたからです。

もちろん「そんなことはないです」が答えですし、今後も、個別指導なら「ステップアカデミー」といわれるように、幅広い対応ができるように努めていますね。

「子どものやる気を引き出す!親のアプローチ」という教育系のメルマガを購読していますが、興味深い記事がありましたので、引用いたします。

松下幸之助氏の人材育成のキーワードは、「自分で考える」ということだそうだ。氏に相談すると必ず、「君はどう考えるんや?」と帰ってくる。

まだ、氏が生きている頃、松下政経塾で寝泊りをしている時に、塾生が、朝刊を氏に持ってきた。氏は、塾生に向かって、「君が一番重要だと思う記事はなんや?」と聞くそうだ。

塾生にしてみれば、新聞を持ってきてありがとうで終わるところを、氏のその一言で、翌日は、朝刊をすべて読んで、一番重要な記事を探してから、氏に届けることになった。

新聞を読めとは言わなくても、新聞を読むことになっていくのだ。

「自分で考える」ことが、教育にとってどのくらい重要なことなのかを松下幸之助氏は、理解していたのだ。
 
 その後、このメルマガでは「自分で考える」ためには、「奪う教育」が必要だと結論付けています。

愛情を持って、「不便」、「不自由」、「不親切」を与えれば、自分で考えるようになるのだということです。

ところで、ここからが本題です。

個別指導はとても良いシステムなのですが、分からない所を親切丁寧に教えるだけでは「自分で考える」力は養えません。

そこで、当塾では、個別指導で習ったことをきちんと自分の力で繰り返し解いていく「個別トレーニング」という時間を設けて、「自分で考える」力を育てるように工夫しています。

つまり、教えてもらって理解するだけではなく、「個別トレーニング」を通して、自学自習できるような力を備えて頂くように努めています。

今後も、「自分で考える」力を育てるためのベストな環境作りを模索していき、提案し続けていくようにしていきます。

イメージ 1

先週ご紹介しました、文部科学省「学びんピック」認定大会で、9月12日の「宇宙の日」の記念事業として、全国小・中学生対象の作文絵画コンテストがあります。

テーマは「宇宙でしたいあんなことこんなこと」で作品を大募集しています。

詳細はhttp://www.jsforum.or.jp/event/spaceday/oubo.htmlをご覧下さい。

ゴールデンウィーク期間中を利用して、塾生が積極的に参加して頂けるように、パンフレットを配布することにしました。

添付しているのがそのパンフレットの表紙です。

今回のテーマから塾生の一人ひとりがいろいろなことを考えて、知的好奇心を抱き、学習意欲の向上につながっていってくれたら幸いです。

「学びんピック」をご存知でしょうか。

「学びんピック」とは、全国的規模の大会で、その大会参加を通じて、児童生徒の学習意欲の向上のためになると文部科学省がを認定し、児童生徒の大会参加を促進していく事業のことです。

現在、74団体が認定されています。

詳しくは、http://manabinpick.mext.go.jp/home.aspをご覧下さい。

当塾では、この認定された団体の中で、特に塾生の学習意欲の向上のためになると判断した大会に対して、積極的な情報提供を行なうことにより、塾生のの大会参加を促進しようと考えています。

その第1弾と致しまして、来週から塾生に既に用意しています大会パンフレットを配布することに致しました。

どこの大会かは来週のブログでご紹介いたしますので、「学びんピック」の中からどのの大会かを推測してみて下さい。

イメージ 1

「ぱど」への広告掲載は、営業の方が飛込み訪問されてからのお付き合いになり、はや1年が経過しました。

毎月1回掲載の1年契約でしたので、今回が最終回になります。記念に最終回の原稿を添付しておきます。

広告の反響があまりなかったため、更新することはしませんが、、レイアウトや校正でいろいろと助言していただき、学ぶべきことも多々、ありました。

今後の広告活動に関しては、従来どおり、チラシやDMなどの派手な広告活動をすることなく、ホームページ・光が丘新聞・かっせ(地域情報誌)に掲載するのみで展開していく考えです。

塾生には当塾の教育理念「一人ひとりの学力向上のために最善を尽くす」ために、いろいろな取り組みをしていき、好奇心をつっついて、知的探究心を育てていきたいと考えています。

そのためのひとつの取り組みが「漢検」を塾生に受講して頂く事です。

「個別指導で数学・英語を受講しにきたのに、漢検をなんで受けなければいけないの?」

という声もでてきそうですが、塾生には、たくさんのサービス(メリット)を提供していきたいのです。

どんどん、どんどん提供し続けることによって、今まで本人も知らなかった知的好奇心が湧き上がってくることを期待しています。

そして、結果として、「塾生になって良かった!」と思って頂けるような環境作りを構築していきたいのです。

そのためにも、あらゆるところにアンテナを張り巡らせ、塾生に提供し続ける情報をつかむように努めていかなければいけませんね。

警視庁では、各地域で発生した『犯罪発生情報』や犯罪を防ぐために必要な『防犯情報』等をメールでお知らせする『メールけいしちょう』の配信を4月1日(火)から始めました。

詳細は警視庁のホームページhttp://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no29/main_koho29.htmをご覧下さい。

学習塾の通学時間は、学校の帰宅後ということで、どうしても夜になってしまいますので、防犯情報に対しては、いつも敏感になっていました。

そのため、「メールけいしちょう」の配信サービスはとてもありがたく思い、すぐに、塾のメールアドレスに届くように登録いたしました。

これで、近隣の犯罪発生情報を、塾内にいてもいち早く把握できて、塾生の安全に寄与するでしょう。

携帯電話にも配信できますので、防犯対策の一環として、みなさまも登録されてはいかがですか。

イメージ 1

「満地球の出」の様子を宇宙航空研究開発機構のホームページ(http://www.jaxa.jp/)でみれるというので、早速みてみました。

丸い地球の姿が撮影できるのは年2回。月、地球、太陽、月探査衛星「かぐや」の軌道が一直線に並ぶ時だけだそうです。

以下をクリックしていただければ、宇宙機構のホームページの中にある、月からみた地球の動画をすぐに見ることができます。(動画上では日の入りのほうが、大きく地球が見えますよ)

<地球の出>http://wms.selene.jaxa.jp/data/jpn/hdtv/007/earth-rise.html

<地球の入>http://wms.selene.jaxa.jp/data/jpn/hdtv/007/earth-set.html

月からの地球の姿を動画で見ることができるなんて、なんて、神秘的なのでしょう。あまりにもくっきりと見えるので、逆に現実感がなく、CG 【コンピュータ・グラフィックス】 を見ているようです。

この地球の中で66億人の私たち人間がいろいろなことを思い、考え、暮らしています。この動画を見ながら、自分を客観的に見つめてみることも良いのではないでしょうか。

ところで、宇宙機構のホームページを見てみますと、さまざまな広報サービスを行っていることを知りました。

昨日は、東京駅丸の内北口のすぐ側にあるJR本社ビルの跡地を利用して建てられた、丸の内オアゾの中にある情報センターJAXAiで「春のキッズデー2008」が開催されることを知り、家族で見学してきました。

撮り立てほやほや「満地球の出」もハイビジョン上映していて、パソコン上の小さな画面とは違って迫力がありました。

サントリーの社会・文化活動の原点は、創業者 鳥井信治郎の「利益三分(さんぶん)主義」の精神にさかのぼるそうです。

「利益三分(さんぶん)主義」の精神とは「商売における利益は人様のおかげ」という気持ちから、事業による利益を次の3つに分割するべきであるという精神のことです。

3分の1は社会に還元する

3分の1は顧客へのサービス

3分の1は事業拡大の資金とする


当塾も社会的責任を常に意識し、「利益三分主義」の精神を取り入れていこうと考えています。

そのために、具体的に何ができるかを常に考えて、地域に貢献していくようにしています。

例えば、今回、漢検・数検の準会場認定校になりましたが、近い将来、塾生のためだけでなく、多くの世代に検定会場として利用して頂くことも検討していくつもりです。

3月3日のブログに『春期講習で「高校受験都立パック」を新設 』を取り上げました(詳細はhttp://blogs.yahoo.co.jp/sanstep2006/30912152.htmlをご覧下さい)が、通常授業でも、この受講者が多くなってきました。

「高校受験都立パック」は、中学3年生の塾生が来春に笑顔で迎えられるようにと考案したパックです。

以前から、受験生の塾生に対して、5教科、すべての科目を伸ばして上げたいという気持ちは強くありました。

しかし、個別指導の授業を5教科、受講して頂いてはご家庭面でのご負担も多くなってしまいます。

そうかと言って、理科・社会を集団授業で行ったとしても、塾生の学力が上がるようには思えませんでした。

そんな時に、昨年度の冬期講習に5教科を個別トレーニングで受講した受験生が、

「理科・社会の暗記には個別トレーニングはとっても良い。これを考えだした人はすごい!!」

という声を聞き、「これだ!」と思い、「高校受験都立パック」を作ることにしました。

「高校受験都立パック」では、以下の受講を行うことになります。


 秧学>1対2の個別指導(60分) + 個別トレーニング(60分)

◆祓儻譟筍餌丕欧慮鎚婿愼魁複僑以) + 個別トレーニング(60分)

<国語>個別トレーニング(60分)

ぁ稷?福筝鎚魅肇譟璽縫鵐亜複僑以)

ァ禺匆顱筝鎚魅肇譟璽縫鵐亜複僑以)

これだけできて、受講料は月々33,600円になります。単独で、受講するよりも料金を安くし、受講しやすくしました。

これで、受験生の学力がめきめきと上がってくれることを期待しています。

当塾では振替授業をしていますが、次のような条件を明文化しています。

1教科につき月に1回(※)までご利用が可能

欠席したい日の前日午後9:30までに申し出て頂くこと

明文化している理由は振替授業の乱発を防ぐ狙いがあります。

条件をつけずに、振替授業が出来るようにしますと、当然、振替授業の回数が多くなり、そのため、それを考慮して授業料に上乗せすることになります。

個別指導をできるだけリーズナブルな料金体系でご利用して頂くことが、当塾の責務であると考えていますので、ある程度の条件をつけることが必要だと判断しました。

ただし、現状は急な病気などで当日に欠席された場合も、後日、1対2で受講されている片方の塾生が欠席した場合にご連絡をとり、授業を受けて頂くように努めています。

その結果、ほとんどの振替がご希望通り出来るようになっています。

おかげさまで、漢検・数検の準会場認定校となりました。

早速、漢検の第1回検定を6月7日(土)に教室内で実施することに致しました。

塾生は原則参加とし、昨日から塾生に受験案内をお渡ししております。

また、家族受験の表彰制度もあるので、ご家族の方も積極的にご参加して頂くことを呼びかけています。

なお、数検の準会場にもなりましたので、漢検の検定の状況を踏まえながら、実施日を決めたいと考えています。

また、英検の準会場にも申請していますが、6月実施には間に合わなかったため、英検実施は10月からになりそうです。

YAHOO!ブログがいつの間にか携帯からも見れるようになっていたのですね。

実際に携帯からでも、YAHOO!ブログはとても見やすいのですね。

週末、携帯から写真をこのブログに送る作業をしている時に気づきました。

実は、ステップアカデミーにはパソコン用ホームページと携帯電話用ホームページがあります。

いままで、このブログは携帯からは見ることができなかったため、ホームページ制作者に1週間に1度、私が選んだ投稿記事を貼り付けて頂いていました。

毎週毎週の作業なので、負担に感じているのではにかと感じ、気兼ねしていたもので、このことは私にとってビックニュースでした。

早速、ホームページ制作者に連絡したところ、風邪のため熱がでてて、体調が悪いというのに、すぐに携帯電話用ホームページからリンクして下さいました。感謝、感謝です。

イメージ 1

3月26日のブログ「桜が満開 」(http://blogs.yahoo.co.jp/sanstep2006/31592361.html)を書きましたが、実際の風景を4月3日(木)に携帯で撮った写真をただ今、ブログに送ってみました。

携帯からブログに送るのは、これが初挑戦になります。

そのため、ゆっくりと、週末、自宅から操作方法を確認して送ることにしたために、投函するのが、遅くなったしまいました。

ただ、とても残念なことにだいぶぼやけて写ってますね。

それでも、教室から見えた満開だった桜の雰囲気は伝わるかと思います。

昨日は風も強く、花びらがだいぶ散ってしまいましたが、その時に、花びらが舞い上がり続けている様子は、よても綺麗でした。

ところで、これで、携帯からブログに送る方法も覚えたので、これからは画像添付をする機会も増えそうですね。

個別トレーニングの学習システムは全国で2,400教室に広がっていますが、そこが発行している機関紙からなんと取材依頼がきました。

そこの機関紙に掲載されると、全国2,400教室にステップアカデミーの名前が知れ渡るわけで、とても光栄なことなのですが、今回は丁寧にお断りしました。

理由は、まだ、設立して2年もたたず、2,400教室、全てに参考になるほどの実績にはなっていないと判断したためです。

せめて、光が丘の個別指導ならNO1と、自他共に認められてから、掲載させて頂きたいと、担当者にはお伝えしました。

もったいない気もしましたが、近い将来、機関紙に載って、全国の学習塾の参考になれるような個別指導塾を目指して頑張っていきます。

今日はとても忙しい一日となりまして、ブログを書くのもこんな時間になってしまいました。

朝から塾内テストを実施しました。塾内テストは5教科なので、それだけで、午前は終わりになります。

簡単に昼食を取った後、すぐに1年に1度の業者によるアクアクララの水の清掃に立会いました。

午後からは部活動などで塾内テストにこれなかった生徒のために、急遽、今日、2回目の塾内テストをすることになりました。

テストを実施しながら、無料体験授業をして、保護者に当塾を説明しまして、その後も、春期講習などに参加した塾生の指導にあたり、授業は終了して、1日が終わるはずでしたが・・・。

授業中に、保護者から相談したいことがあるとお電話を頂き、授業終了後に面談させていただきました。

とても、いろいろなことがあった一日でしたが、人のために役立てたことを喜びと感じるとともに、明日へのエネルギーに代えていくようにしていきます。

今日は昨日に引き続き、塾内テストを実施しています。

当塾の塾内テストは小学4年生以上を対象としていますが、昨日は小学3年生の塾生が間違ってきてしまいました。

今日は2名の参加予定者が日時を間違えて欠席になり、明日に振り返ることになってしまいました。

そのため、明日のテストは定員オーバーとなってしまい、机とイスの配置換えで何とかしのぐことにしようと考えています。

塾内テストの日程についての告知は、メールで2回、保護者に送っていましたが、万全ではなかったようです。

今後はこのような事態がおこらないように、告知の方法を再検討していく必要がありそうです。

今日から3日間かけて小学4年生から中学生対象の塾内テストを実施します。

年に3回実施し、成績の推移をみていきます。

ただ今、国語の試験中です。

良い結果がでればいいですね。

↑このページのトップヘ