「浪平さん」理論をご存知でしょうか。

「浪平さん」とは、「サザエさん」に登場する父親の磯野波平さんのことです。

戦後間もない1946年に原作漫画の新聞連載が始まって以来、波平さんは54歳のまま。

日銀の局長さんが、

「年齢には実年齢と生物学年齢の二つの概念がある」とし、波平さんを引き合いに出し、「日本人は生物学的に当時よりずっと若くなっている」

と主張しています。

生物学年齢を測る最も単純な指標は死亡率(人口100人に占めるその年の死亡者の割合)。

利用可能な1947年の統計では54歳の死亡率は1.7%。

2016年で同じ死亡率なのは74歳で、「1947年の波平さんと生物学年齢は同じだ」と言うのです。

確かに波平さんは74歳の方がしっくりします。

今後、医学の更なる進歩により、生物学年齢による波平さんの年齢は上昇していくでしょう。

ここから日銀の局長さんのお話しは年金問題の解消について向かいます。

個人的には、「いつまでも若々しく、働き続けられる限り、ずっと働きたい」

という気持ちでいますので、かなり飛躍した話ではありますが、老後という概念がなくなり、年金制度そのものが必要のない世の中の到来を期待しています。