「給付型奨学金支給の法案を閣議決定」

最近、上記の見出しの記事がありました。

給付型奨学金とは、所得が低い世帯を対象に、大学など高等教育の負担を軽くするため、入学金や授業料を減免する制度です。

全世帯が対象になればいうことないのですが、財源のこともありますので致し方ないところもあります。

そうしたことで、奨学金を検討する場合、多くの世帯は返済義務のある「貸与型」を利用することになります。

この返済が「めっちゃ大変だよ」という認識がないまま、利用することが多いようです。

『奨学金』とは、聞こえはいいですが、「貸与型」の場合、「ローン」と同じで、数百万円の借金を背負うことの重さを理解して借りる必要があります。

このことは、大学受験を目指す場合に利用する予備校や塾への支払いについても同様です。

教育にはお金がかかるとはいえ、無尽蔵に支払っていけば、その後のことが心配になります。

ステップアカデミーでは、『安心の低料金で圧倒的に高い成果を』を塾是として、地域にできるだけ貢献するように努めています。

それぞれのご家庭に寄り添い、ご要望に応じて柔軟なお月謝を設定できるようにしていますので、ぜひご相談ください。