この時期になると新年度に向けた塾運営にまつわる様々なコンテンツが送られてきます。

教材から始まり、問題データプリント配信、教育映像配信、保護者様とのコミュニケーションアプリ、プログラミング講座の導入、フランチャイズ、等々。

どれもこれも魅力的なものばかりです。

ただ、現状に最適なものとなるとかなり限定的になります。

その中で次年度に新たに取り入れることが決まったのが、公立中高一貫模試です。

教室内でも受けられ、受験生の母数も多いと聞きます。

都立中高一貫校対策をご希望の生徒さんが年々増える中、最適なコンテンツになるでしょう。