ビジネスにおいてよく使われる言葉『 PDCAのサイクル』

計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(action)のプロセスを順に 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善していきます。

最近では教育現場でも使われるようになってきているようです。

私の行動パターンも年間・月間・週間・日時の範囲でサイクルを回すような習慣化をするようにしています。

どうしてそうするかというと、目標達成のためにも最も適していると信じているからです。

これから始まる夏休み。

小・中・高校生の皆様も、学校の宿題をはじめ沢山しなければいけない勉強が待っているかと思います。

そこで提案です。

PDCAサイクルを学習に取り入れてみませんか。

きっとすごい成果が出る夏休みになると思いますよ。