英検「落選」に衝撃 高校教諭「最も身近な試験なのに」

今朝の新聞の大見出しに掲載されました。

で、何に?、と申しますと・・・。

2020年度に始まる大学入学共通テストの英語で活用される4技能を測る民間試験にです。

8種が合格したそうですが、その中に従来型の「英検」がなかったそうで、今後の従来型の英検の価値が気になるところです。

一方、先日、東京大が民間試験を「合否判定に使わない」と方針を示していますし、他大学からも慎重な意見が相次いでいます。

そうなりますと、民間試験活用そのものがどうなっていくかも注目されます。

新時代を迎えるにあたり、紆余曲折、色々ありそうですが、方向性が明確になり次第、生徒さんたちに最適な環境を提供できる準備を整えていきたいと考えています。