経営理念に基づく“5つの誓い”で掲げている原則の1つに 『法令順守』がある通り、世の中の約束事の中で最善を尽くすように努めています。

組織として経済活動を営む以上、当然、税務関係もしっかりしていかなければなりません。

そうした強い意識から新たなことをする際には専門の税理士や社労士の先生方のご意見をお伺いしながら適正だと判断して頂いた中から選択するようにしています。

税務についての判断は最終的には税務署だというお知恵も先生方から頂いたので、そうするようにもしてきました。

本日、顧問税理士の先生のお勧めで、以前判断を仰いだことの再確認として管轄の税務署を先生と共に訪れることになりました。

税務署の窓口の方は前回と同じ方でとても親切丁寧にご対応いただき、あっという間に2時間も経過していました。

ただ、判断が前回とは微妙に変わったようでした。

税務については素人ですので、顧問税理士の判断を仰ぎながら適正な申告をしていきたいと考えています。