昨日はひたむきな努力の大切さについての考えをつづりました。

ただ、社会に出てある程度の時期を過ぎると一貫して成果を求められます。

成果が出ない努力は評価に値しなくなります。

「こんなに頑張ったのに、・・・」は哀れでしかないのです。

例えば、成果がでないことが続く野球選手は解雇されることになるでしょう。

また、成果が出ないことが続く企業は、倒産の憂き目にあうでしょう。。

世の中がそうした世知辛い面があることは厳然とした事実です。

そこに目を背けてはいけません。

それではどうしたら成果が出るのでしょうか。

私は「努力(行動力と継続性)」と「企画(発想力)」と「運」だと思っています。