どこの教室でも同等な最高のサービスを提供できるように心がけています。

ただ、現実にはソフト面でもハード面でも少々異なったサービスをなっている面も否めません。

その差異を認識し、良い方を手本に、より高いサービスを提供できるように切磋琢磨していくことが大切に思われます。