常々、私はご家庭からご意見やご要望を頂くことをとてもありがたく感謝している。

そのことにより改善しご期待に添えられれば、ご家庭との絆を密にすることができるからである。

それがこのたび、「要望を何度となく伝えたにもかかわらず、応じてもらえなかった」という理由で退塾の意向を頂いた。

とてもショックだ。

というのも、ご要望を頂いたこと自体を私が認識していなかったからだ。

誠に申し訳ないと同時にとても恥ずかしく思っている。

なぜ、ご要望を頂いたことに気がつかなかったのか、他にもそういったことがなかったかを自分自答していきたい。

そして、このようなことは2度と起こさないようにしていきたい。