イメージ 1

先日、教室の窓から見える桜の枝がバッサリと切り落とされた。

そのことはここでも触れた。

見るも無残で、時期的なこともあり、津波の震災での光景とも重なって見えた。

そこまでバッサリと切り落とされたかのように見えた桜であったが、それでもこの季節になり、色鮮やかな桜の花が開花した。

今、日本は大変苦難な時期を迎えているが、近い将来、この桜の如く、開花できるように頑張っていきたい。

『今、私にできること』(最近、よくテレビのCMに流れている言葉である)

それは、日々の生活を力いっぱいに生きること。

それが、自分のためにも、周りの方々のためにも、震災で困っている方にとっても、最も大切なことだと考えている。