『塾や習い事の支出、大幅減 不況、教育費も直撃』という見出しが今日の朝日新聞の一面に掲載されていました。

私としては、去年も順調に生徒数が増え続けたこともあり、塾への支出が大幅減になっているという実感はあまりありませんでした。

ただ、見方を変えれば、ステップアカデミーに生徒さんが増えている理由のひとつに、この不況も追い風となっていることも認識しています。

つまり、授業料が他の個別指導塾と比較して割安であるということです。

ただし、安いだけではなく、生徒さんや保護者の方の満足度も年々高くなってきているという自負も持っています。

今年も急激に景気が回復する見込みは少なく、塾業界全体のパイも縮小するかもしれません。

しかし、その流れに負けないように、時代の流れを正確に読み取って、運営していこうと考えています。


塾や習い事の支出、大幅減 不況、教育費も直撃

 塾やけいこ事など、各家庭が2008年度の1年間で学校以外の教育にかけた「学校外活動費」が前回06年度の調査に比べて大幅に減っていたことが27日、文部科学省の調査でわかった。高校では私立が1人当たり23.9%(6万2千円)減の約19万8千円、公立は9.8%(1万7千円)減の約15万9千円と、いずれも94年に現在の形の調査が始まって以来、最低に。不況の影響が教育費にも表れた格好だ。

 調査は抽出方式で2年に1回実施。今回は約2万3千人から有効回答を得た。

 それによると、「学校外活動費」は、私立小と公立中以外の学校種で軒並み減少。公立幼稚園(19.9%減)、公立小学校(11.1%減)でも下げ幅が大きかった。

 学校外活動費の中身を、塾や家庭教師、参考書代など勉強関連だけに絞ると、例えば高校では私立が31.4%減の約14万4千円。公立は7.7%減の約12万6千円だった。私立は授業料が高い分、それ以外を切り詰めようという動きがより強く出たとみられる。他方、ピアノやバレエといった勉強以外のけいこ事の支出も減っており、公立小では約3万9千円と前回調査から15.5%の減だった。

 各学年の平均学習費総額を単純に足し、幼稚園から高校卒業までの総額を出すと、すべて私立に通った場合は計1663万円で、「すべて公立」の551万円の3倍になった。(青池学)