今週に入り、私立高校の推薦合格の報告が入り始めました。

今までの苦労が実を結び、「本当に良かったな」と心から思う一方、報告を受けたすぐその後に「合格したので、今月で塾、辞めます。」と月末に言われると、何ともいい難い心境になってしまうものです。

「あれ、もう来週から来なくなっちゃんだ。高校に行ってからも続けてくれると思っていたのに・・・」と、思ってしまう訳です。

ところで、今日は都立高校の推薦入試日でした。

昨日は、希望した生徒さんには、その面接の練習をしました。

みんなとても真剣に取り組んでいるのが良く分かります。

その真摯な姿に向き合えてる場にいられるということの喜びをしっかりと受け止め、合格したという喜びの連絡の直後の退塾するという報告は致し方ないものだと割り切ることが必要ですね。