当塾の入っているテナントビルでは消防法により年に2回の消防訓練があり、本日行いました。

消防訓練といっても、各テナントの代表者が集まって、テナントビルのオーナーから消火器の使い方や火事になった場合の避難方法などの話しを聞くだけの簡単なものですが、それでも、継続的に実施していることは意義あることだと思います。

このビルでは火事の第一原因は放火であるという認識から、廊下にものを置いてはいけない規定を設けるなど、強い防災意識を持っています。

また、このビルに入っているのは、地下薬局・1階耳鼻科・2階歯科・3階皮膚科・4階保険会社・5階当塾 なので、火災を発生させるような業種がないことや、目と鼻の先に大きな消防署があることも安心感があります。

何かあってからでは遅いので、日ごろから、一人ひとりが高い防災意識を持つことが大切ですね。